食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病患者さんが気をつけたい「しもやけ」!長引く痛みは動脈硬化の可能性も

糖尿病患者さんはしもやけになりやすい?

しもやけは「凍瘡」ともいい、寒さが原因で皮膚の血流が悪くなり、炎症を起こす疾患です。しもやけができると、赤くはれて痛がゆく、ひどくなると水ぶくれや潰瘍ができてしまうこともあります。

しもやけは、気温が5℃程度で、昼夜の温度に10℃ほどの開きがある時期に、起こりやすくなります。理由は明らかにされていませんが、糖尿病患者さんは、しもやけになりやすいと言われています。また、家族にしもやけの方がいると発症しやすいことから、遺伝的素因もしもやけに関わっていると推測されています。

また、子供のうちはしもやけになりやすく、大人になるとなりにくくなりますが、高齢になると、再びしもやけになりやすくなると言われています。

暖房設備が整った現代では、昔に比べてしもやけの数が少なくなってきていますが、上記のようなしもやけになりやすい方々は特に、予防に気をつけておきましょう。

糖尿病患者さんがしもやけに気をつけたい理由

靴の先で血管が圧迫され、血流が悪くなりやすい足指は、しもやけができやすい部位です。糖尿病患者さんが何より気をつけたいのは、しもやけの部分に傷ができ、細菌が入ってしまうことです。

しもやけそのものは血行障害であって、感染症ではありませんが、しもやけが破れて細菌が入ると、感染症を引き起こしてしまうことがあります。特に糖尿病患者さんは、高血糖のために抵抗力が落ちて感染症にかかりやすく、悪化しやすい傾向があります。足指に感染症が起こると、最悪の場合、壊疽につながる足病変にも発展してしまいかねません。

糖尿病の合併症である神経障害を発症していると、足の痛みを感じにくく、傷ができていても発見が遅れる危険がままあります。入浴の後や寝る前に、しもやけができていないか、また皮膚に傷ができていないかを、しっかりチェックする時間をつくってください。

寒い季節にははだしがおっくうになりますが、寒い季節だからこそ、丁寧なフットケアを心がけましょう。

しもやけの予防・治療

しもやけを予防するには、血行障害を起こしやすい手先・足先の血流をよくしておく必要があります。

手袋や靴下でしっかり保温し、寒さにさらし続けないことが大切ですが、強くしめつけてしまうと、逆に血流を妨げてしまいます。手袋や靴下はしめつけのない、ゆったりしたサイズのものを選びましょう。

湿度も、しもやけができる大きな要因です。足先が雨や雪に濡れた状態のまま放っておくと、熱が奪われてしもやけができやすくなります。濡れたときには放っておかず、すぐにふき取ってください。水仕事で手が濡れたときも同様です。

特に靴下の中は汗をかきやすく、蒸れたり湿度が高くなりやすくもあります。寒い時期には汗に油断しがちですが、蒸れると感じたときには、靴下を取り換えられるようにしておくとよいでしょう。

しもやけの治療には、血行をよくするために内服薬でビタミンEを摂取したり、外用薬として軟膏が使われます。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner