食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病患者さんが気をつけたい「しもやけ」!長引く痛みは動脈硬化の可能性も

しもやけと勘違いしやすい動脈硬化

しもやけと間違われやすい、冷えや痛みを感じる疾患に、閉塞性動脈硬化症があります。

閉塞性動脈硬化症は糖尿病患者さんに起こりやすく、初期症状としては手足が冷たく、青白くなり、歩くとふくらはぎに痛みが生じます。症状が進行すると安静時にも痛むようになり、さらに重症化すると潰瘍ができて壊死に至ることもあります。

冷えや痛みが長く続く場合には、こうした疾患が隠れている可能性もありますので、医師の診療を受けるようにしましょう。閉塞性動脈硬化症は、触診とABI検査、下肢動脈エコー、造影CR、血管造影検査などによって診断されます。

暖房で起こりがちな足のトラブル

しもやけを予防するには足先をあたたかく保ち、血行をよくすることが大事です。しかし、こたつ・あんかや湯たんぽなどの足をあたためる暖房器具は、糖尿病患者さんにとって注意が必要です。

足先だけをヒーターに近づけたり、長時間あんかや湯たんぽをあてるといったことは避けましょう。神経障害を発症している場合には、やけどが生じていても気づくのが遅れがちです。

足病変の予防にはフットケア外来も

足病変につながる症状がないかどうかをチェックし、糖尿病患者さんの足のケアをフォローしてくれる場所として、医療機関によっては「フットケア外来」が開設されています。

足のトラブルを未然に防ぎ、また傷などができてしまった場合には早期に対応するため、ぜひフットケア外来を活用してください。

まとめ

糖尿病患者さんにとって、しもやけは痛み・かゆみが悩みの種となるだけでなく、水ぶくれや潰瘍から二次感染を起こし、足病変につながる可能性もあります。しもやけになりやすい手先・足先をしっかりあたため、マッサージするなど、血行をよくして予防に注意しておきましょう。

また、糖尿病患者さんは動脈硬化を起こしやすい状態にもあります。痛みが長引くなど、違和感を感じたときには、かかりつけ医を受診してください。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner