食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】「寝すぎ」は危険?糖尿病患者さんが気をつけたい睡眠習慣とは

社会的時差ぼけを予防するために

平日の睡眠不足と休日の「寝すぎ」による社会的時差ぼけのサイクルを習慣化してしまわないためには、できるだけ決まった時刻に布団に入るよう生活習慣を整えることが必要です。

明日はお休みと思うとついつい遅くまでスマートフォンを眺めてしまったり、ぼんやりとテレビを見て夜更かししてしまっていないでしょうか。休日前であってもダラダラと夜型の生活を送らず、ゆっくり入浴して心身をリラックスさせたら、早めに床につきましょう。

また、快眠のための習慣は起きたときから始まっています。日中にしっかりと活動し、夜はぐっすりと眠るためにも、エネルギー源となる朝食をしっかりとっておくことが大切です。睡眠時無呼吸症候群などの症状があって睡眠の質が落ちている方は、併せて睡眠障害の治療を行ってください。

休日にたくさん眠ることで睡眠不足の帳尻を合わせた、と思ってしまいがちですが、「寝すぎ」にも糖尿病患者さんにとって見逃せないリスクが潜んでいます。睡眠不足だけでなく過度の睡眠にも気をつけ、できるだけ平日・休日の落差をつくらない生活習慣をこころがけたいですね。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner