糖尿病の死亡率が低い県。愛知県が行ってきた取り組みは?

糖尿病はがんや脳卒中、心疾患などの危険な症状を発症する可能性が高く、これらの症状によって多くの人が亡くなっています。

厚生労働省は「人口動態統計月年報」という統計の結果を公表しており、その項目の中には糖尿病が原因で亡くなった人の割合も含まれています。2016年の人口動態統計月年報によると、糖尿病による死亡率がもっとも低い都道府県は愛知県でした。

このような結果となったのは、愛知県が早くから糖尿病の早期発見や適切な指導につながる活動を進めてきたからだと考えられています。この事例を通して、糖尿病のリスクに備えるために大切な取り組みについて考えてみましょう。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変