治療と予防コラム

糖尿病網膜症の現状は?治療法と注意点をお伝えします


糖尿病患者さんの重要リスク「糖尿病網膜症」

突然ですが、視覚障害を患ってしまった人のおよそ6人に1人が、糖尿病が原因であることをご存知でしょうか。実は、糖尿病網膜症は、長らく中途失明を起こす原因の第1位であり、現在は認知が進んでいるものの、以前第2位という順位となっています。

その原因が「糖尿病網膜症」という、その名前の通り糖尿病によって発症する網膜症です。

網膜症というのは目の中の網膜という組織が障害を受け、それによって視力が低下し、進行すると失明に至ってしまう症状です。

網膜には細い血管が張り巡らされており、糖尿病によって高血糖の状態になっていると、血管が傷付けられて網膜症を発症する可能性が高くなります。

糖尿病網膜症は、初期段階の「単純網膜症」、血管がつまってシミが生じる「増殖前網膜症」、進行して網膜剥離を起こしやすくなる「増殖網膜症」と、進行に応じて違う呼び方をされています。

けれども、これらの症状は自覚症状があらわれにくいのも特徴で、増殖網膜症まで進んでも、大規模な出血や網膜剥離を起こすまではほとんど自覚することはありません。「目の中に煙のすすがたまっているようだ」「赤いカーテンがかかったように、視界がかすんで見える」といった状況になった時には、この症状はかなり進行しているのです。

2014年に行われた調査からは、糖尿病網膜症は視覚障害の原因疾患の中でも15.6%を占めているという事実が明らかになりました。これは緑内障に次いで多い割合で、失明に至る重大な視覚障害となっています。

治療の進歩は重要課題。糖尿病網膜症の最新の治療法とは

糖尿病網膜症を発症してしまった場合には、進行の段階に応じた治療が必要になります。

単純網膜症の段階では血糖コントロールを改善することで治るケースもありますが、増殖前網膜症、または増殖網膜症の段階になると、血糖コントロールの他にレーザー光線を用いた「網膜光凝固術」が行われます。硝子体出血や網膜剥離を伴うほどの重症である場合は、硝子体手術が必要になる可能性があります。

最近の糖尿病網膜症の治療の傾向の1つには、「OCT」(光干渉断層計)を用いた検査が増えているという点があげられます。

これは網膜の断面を映すことで黄斑の異常を調べる検査で、注射が必要な造影検査に比べて体への負担がないというメリットがあります。

さらに近年では、「抗VEGF治療」という治療法を利用する患者さんも増えています。

この治療法は黄斑浮腫に関係している「VEFG」という物質の働きを抑える薬を目に注射するもので、糖尿病網膜症にともなって発症し、視力低下の元になる黄斑浮腫に対して有効です。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

早めの対策が重要! 「脂肪肝」を予防・改善しよう!

みなさんは「脂肪肝」という症状をご存知でしょうか? 脂肪肝は、肝臓の機能悪化や肝硬変、さらには動脈硬化にもつながる症状です。また、脂肪肝は糖尿病を悪化させる原因にもなります。 今回は、脂肪肝を予防 ...

短期間の体重の変動に要注意! 「ヨーヨーダイエット」の危険性とは

体重が短期間で大きく変動するダイエットは「ヨーヨーダイエット」と呼ばれています。 実は、このヨーヨーダイエットがからだに与える悪影響が注目されています。 今回は、そんなヨーヨーダイエットについての ...

その他の記事

睡眠時間は糖尿病に影響。効果的な睡眠でリスクを下げましょう

現在、多くの日本人の睡眠時間が十分ではないことが明らかになっています。 睡眠習慣は糖尿病とも関係性があるとされていますが、それ以外にもさまざまな健康リスクが潜んでいます。 今回は糖尿病のリスク ...

食事療法に有効な成分、マグネシウムのメリットとは?

ミネラルの一種であるマグネシウムは、健康を維持するために欠かせない栄養素です。しかし、現代の日本人の食生活では、マグネシウムが不足しがちなのが実情です。 こちらの記事では、マグネシウムと糖尿病の ...

休日は血糖値が乱れがち!? 休日の血糖コントロールの注意点とは?

普段と異なる生活になりがちな休日は、血糖コントロールには注意が必要です。特に、お正月やお盆休み、ゴールデンウィークなどの連休は、旅行などに出かけたり、のんびりと気が緩んで生活習慣が乱れてしまいがちです ...

運動量を増やす効果も。積極的に家事に取り組もう!

運動は糖尿病の予防や治療につながる、大切な習慣です。ですが、仕事などの都合で、たくさん運動をする習慣をつけるのは難しい人もいます。そんな人は、積極的に家事を行いましょう。たくさん家事をすることで、日常 ...

おやつのお供に抹茶はいかが? 日本人が昔から愛する抹茶の効能とは

最近はフレーバーとして洋菓子にも使われることもあり、世界的にも人気を集めつつある抹茶。わたしたち日本人にとって身近な抹茶ですが、その健康効果をご存知でしょうか。今回は、抹茶の効能について紹介します。 ...

梅雨が旬! おいしい梅菓子はいかが?

もうすぐ梅雨本番。梅雨は「梅の雨」と書きますが、まさに梅が旬を迎える時期でもあります。そこで今回は、健康効果も期待される梅を使ったお菓子を紹介します。 6月は梅が旬の季節! 「梅雨」という言葉 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集
ニュースレター登録

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP