【医師監修】糖尿病患者さんは靴擦れに注意!糖尿病足病変の予防と対策のポイントとは

サイズの合わない靴を履いていたり、靴の縁が足に当たっていると、強い摩擦で足の皮膚がこすれ、皮がめくれたり水ぶくれができる「靴擦れ」が生じますよね。

糖尿病の患者さんは、神経障害のために足が変形することもあり、靴擦れを起こしやすくなっています。小さな足の傷であっても、糖尿病足病変や下肢切断につながるリスクをはらんでいるため、たかが靴擦れと侮ることはできません。

靴擦れができやすい場所を知って、予防と傷のチェックに活用してください。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変