【医師監修】糖尿病患者さんは靴擦れに注意!糖尿病足病変の予防と対策のポイントとは

「靴擦れ」を放っておいたときのリスクは?

高血糖による動脈硬化のために血流障害が起こると、細部にうまく血液が流れず、足の末端まで十分に栄養がいきわたりません。さらに白血球に関わる細胞の殺菌能力も低下しているため、体全体の免疫力も落ちた状態にあります。

このため、小さな傷だからと放っておくとあっという間に悪化し、下肢切断につながる壊疽・足潰瘍などの重篤な糖尿病足病変をきたしかねません。足に傷ができたときにはすぐに治療し、細菌が入らないように経過を観察することが大切です。

目で見てチェック!フットケアの時間をとろう

傷口からの感染が起こりやすいリスクに加え、合併症である神経障害を発症していると痛みを感じにくく、足にできた傷を発見するのが遅れがちになります。知らない間に傷口がパックリ開いていたり、気づかないまま放置して悪化させてしまわないよう注意が必要です。

入浴後や就寝前などにじっくりフットケアの時間をとって、傷ができていないかを目視でチェックする習慣をつけましょう。傷を見つけたときには手当をするとともに経過を観察し、傷の周囲が腫れたり、化膿するなど感染の兆候が見られた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

靴擦れができやすい場所はどこ?

革靴やローファー、スニーカーを履く場合に靴擦れができやすいのは、かかとや足首、くるぶしの周辺です。

試着したときはサイズがぴったりに思えても、足がこすれるかどうかは歩いてみないとわからないことがあります。試着したときの感覚だけでなく、靴の縁がかかとに食い込んでいないか、くるぶしが靴からせり出していないかを目で見て確認しておきましょう。

かかとの高い靴を履く場合や、逆にかかとが低すぎる靴を履く場合にも、足が「靴の前方にずり落ちる」というトラブルが起こりがちです。こうした場合には前方に体重がかかって足の甲に摩擦が起きやすくなります。

また、つま先のないサンダルを履く場合、足が靴にしっかり固定されないため、やはり足の甲がこすれて靴擦れができやすくなります。

ビーチサンダルを履く場合には足の甲だけでなく、親指の間に強い摩擦が起こります。はだしで履くため特に靴擦れを起こしやすく、糖尿病の患者さんがビーチサンダルを履くことはおすすめできません。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変