食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病患者さんは靴擦れに注意!糖尿病足病変の予防と対策のポイントとは

靴擦れ対策のためのポイントは?

足のサイズに合った靴を選ぶ

ブカブカした靴を履いていると靴の中で足が動きやすく、摩擦が起こりやすい状態になります。かといって、あまりにピッチリした靴も足を圧迫してしまうため問題があります。つま先に1cm程度の余裕がある大きさを目安に、きつすぎず緩すぎない靴を選びましょう。

サイズが大きい場合には、インソールやクッション材を入れて調節します。逆にサイズが小さすぎる場合、革靴ならアルコールをスプレーすることで伸ばすことができます。せっかく買った革靴が少しきつい…という場合には無理して履かず、ぜひ試してみてください。

足に当たる部分をカバーする

特に足に当たりやすい部分がある場合、やわらかいカバーを当てて保護します。絆創膏などを貼ってカバーする人もいますが、糖尿病の患者さんの場合には粘着部分がかぶれて感染を起こしてしまう場合もあるため、決して足には貼らないようにしてください。

サンダルのベルトやハイヒールのストラップなど、表面積が小さく足を圧迫しやすい部分には足を保護する専用のカバーも販売されています。

やわらかい素材の靴を選ぶ

靴底が硬いと靴の形が足の動きにフィットせず、摩擦が起こりやすくなります。歩くときの足の動きに合わせて柔軟に靴底が屈曲する、やわらかい靴を選びましょう。

靴の縁が足に当たりにくい形を選ぶ

かかとやくるぶしの近くにゴツゴツした靴の縁があるとこすれやすいため、特に靴擦れを起こしやすい部分がしっかり覆われ、靴の縁が当たらない靴を選ぶことも重要です。例えばスニーカーなら、ハイカットのものを選ぶと靴の縁による靴擦れが起こりにくくなります。

通気性の高い靴を選ぶ

靴の中で足が蒸れてしまうと細菌が繁殖しやすく、また足がふやけて皮がめくれやすくなります。足が蒸れないよう通気性の高い靴を選びましょう。また、足に水気のついた状態で靴や靴下を履かないよう、注意することも大切です。

フットケアは糖尿病治療の大事な要素の一つです。糖尿病足病変の悪化を予防・対策するために、ぜひ日頃から靴や足に注意してください。

また、足に気になる傷ができた場合は、たかが靴擦れと放置せず、専門医の受診を検討してみてください。

日々のフットケア、傷以外の注意点は?

傷ができていなくとも、いつもと違う冷えを感じたり、足の指が青白く変色している場合には下肢閉塞性動脈硬化症を発症している可能性があり、要注意です。

下肢閉塞性動脈硬化症は下肢の動脈硬化によって血管が詰まり血流が悪くなるために起こるもので、糖尿病の患者さんに生じやすい症状のひとつです。放っておくと疼痛や跛行などの症状があらわれ、重症化すると潰瘍ができて足が黒く壊死してしまうこともあります。

フットケアの際には傷のチェックに加え、強い冷えを感じていないか、足の色がおかしくないかなど、足に異変がないかどうかを総合的に確認する習慣をつけましょう。

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner