【医師監修】1型糖尿病のひとつ、緩徐進行1型糖尿病とは

緩徐進行1型糖尿病の診断について

緩徐進行1型糖尿病では、β細胞に対する自己免疫反応によって出現する、ICAもしくはGAD抗体が、経過において陽性となります。2型糖尿病のようにみえる糖尿病も、これらを測定することによって、緩徐進行1型糖尿病と診断されます。膵島自己抗体の測定は、保険適応はあるものの、まだまだ一般的ではないのが現実のようです。

また、発症時や診断時には、劇症1型糖尿病や急性発症糖尿病のようなケトーシスやケトアシドーシスに陥らないことも緩徐進行1型糖尿病の診断の基準となります。

緩徐進行1型糖尿病の治療

緩徐進行1型糖尿病の発症当初は、β細胞の破壊が進んでいないため、インスリン分泌が保たれています。そのため、2型糖尿病と同様、食事療法と運動療法で血糖コントロールを行うことが重要です。必要であれば、血糖降下の飲み薬を使い、β細胞の負担を軽くします。

また、発症当初からGAD抗体が高く、内因性インスリンが残存している場合や、発症年齢が若く、やせ型であったり、他の膵島関連自己抗体が陽性の場合には、インスリン療法を早期から開始すると、進行が抑えられるという報告もあります。

経口血糖降下薬のうち、β細胞を刺激してインスリンを分泌させる、スルホニル尿素(SU)薬は、β細胞を疲れさせてしまうため、使わない方が良いとされています。

1型糖尿病は、以前は小児から青年期に発病する病気だと考えられていましたが、緩徐進行1型糖尿病のように、2型糖尿病の方が多いとされていた中年~高齢者で発見されるタイプがあることがわかってきました。

緩徐進行1型糖尿病も、治療の基本は2型糖尿病と同様、食事療法と運動療法ですので、まずは、良好な血糖コントロールを目指すようにしましょう。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変