【医師監修】「腸内フローラ」の乱れは体調の乱れ?腸内細菌と糖尿病の関係とは

腸内フローラとは?

ヒトの小腸・大腸の中には何百種類、何百兆個とも言われる細菌が棲み、さまざまな働きをしています。これら腸内細菌は腸壁で種類ごとのグループを形成し、顕微鏡でのぞくと、まるで区画ごとに分けられたお花畑のように見えます。その様子から、腸内細菌は「腸内フローラ」とよばれているのです。

腸内フローラを構成する細菌とは

腸内細菌は大きく善玉菌・悪玉菌、および日和見菌の3種類に分類されます。

・善玉菌
善玉菌は糖類を分解し、乳酸をつくりだします。この代謝は身体にとって有益であり、「発酵」と呼ばれます。

善玉菌にはこの他、腸の活動を活発にしてお通じをよくしたり、悪玉菌の増殖をおさえて腸内環境を整えるはたらきがあります。さらに善玉菌のからだは、免疫力を高めたり、コレステロールを低下させる物質から構成されていると言われています。

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は善玉菌の一種です。

・悪玉菌
悪玉菌の行う代謝は身体にとって有害なものであり、「腐敗」と呼ばれます。悪玉菌はタンパク質を分解し、有毒なガスや発がん物質などをつくりだすのです。

悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、お通じも滞って便秘や下痢になりやすくなります。

よく知られた悪玉菌にはウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌、病原性大腸菌などがあります。

・日和見菌
日和見菌には決まった働きがなく、その時々で優勢な菌の働きをあとおしします。悪玉菌が優勢で身体が弱っているときには、悪玉菌サイドについた日和見菌の働きで日和見菌感染症を発症してしまうこともあります。

バクテロイデス、大腸菌の無毒株、連鎖球菌などが代表的な日和見菌です。

腸内細菌の中でもっとも多くを占めるのは日和見菌です。3種類の細菌の理想的なバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7の割合であるとされています。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変