若者も体重コントロールが重要。肥満に向き合い、積極的な対策を

米国では自分が肥満や過体重であることを自覚していない若者が増えており、認識不足が肥満の改善を妨げている一因だと指摘されています。

これは米国だけの問題ではありません。近年では肥満の割合が世界中で増加傾向にあり、若いうちから肥満のリスクに向き合って、注意をはらうことが重要視されています。

今回は米国で行われた調査の内容と、肥満や過体重の解消につながる基本的な対策を紹介します。糖尿病を含めた生活習慣病に備えるために、若いうちから体重コントロールの大切さを把握しておきましょう。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変