治療と予防コラム

若者も体重コントロールが重要。肥満に向き合い、積極的な対策を


米国では肥満の自覚がない若者が増加

米国のジョージア・サザン大学公衆衛生学部の研究チームは、米国健康・栄養調査のデータを使い、1988年から1994年の調査によって得られた1,720人の若者のデータと、2007年から2012年の調査によって得られた2,518人の若者のデータを解析。12歳から16歳までの青年期の若者を対象に肥満の認識についての調査を行いました。

この調査では対象者に「自分の体重は過体重・痩せ・適正のどれにあたると思いますか」という質問を行い、過去に行われた調査の結果と近年行われた調査の結果を比較しました。

2007年から2012年に行われた調査のうち、肥満や過体重に該当していた若者の中で『自分は過体重だと思う』と解答した人の割合は、過去に行われた調査に比べて29%も減少していました。

この結果は、自分は過体重や肥満であることを自覚している若者の割合は、昔に比べて減少していることを示しています。しかしその反面、米国では肥満や過体重の若者の割合は20年間のうちにおよそ2倍にまで増加しています。つまり、この20年の間に、自分が過体重であることを自覚していない若者が増えているのです。

この研究に関わったジョージア・サザン大学公衆衛生学部のジアン・チャン氏はこうした結果が生じた理由について「肥満の若者の数が以前に比べて増加したことで、肥満や体重に関する考え方が変化している可能性がある」と述べており、周囲に肥満の人が増えたことで、自分の体重について深刻に考えなくなったことが一因かもしれないと指摘しています。

また、チャン氏は「標準体重について適切に理解していない肥満や過体重の若者は、減量を望む傾向が少なく、食事を改善しようとする意欲も薄い」とも述べています。

仮に、若いうちは健康に影響がなかったとしても、肥満の状態をそのままにしておくと、中年や高齢になった時に糖尿病や生活習慣病といった症状の原因になります。

肥満による健康への影響を予防するためには、自分が肥満かどうかを客観的に判断して、適切な体重コントロールに取り組むことが重要です。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

認知症の3分の1は予防できる!? 生活習慣をチェックしよう!

世界で増加傾向にある認知症は、高齢化が進む日本においても注意が必要な症状です。 認知症の発症には生活習慣が大きく関わっており、日々の生活を改善することで認知症の予防につながるとされています。 今回 ...

近視の予防に自然光!? 屋外での運動に取り組もう!

糖尿病の運動療法としても推奨される屋外でのウォーキング。 近年の研究では、自然光を浴びることで近視の対策にもなると報告されています。 詳しくは「続きを見る」よりご覧ください。 ...

その他の記事

CGMは承認部位に装着を。インスタグラムでわかった米国のCGM利用の実態は?

CGM(持続血糖モニター)はセンサーを身体に挿入し、連続して血糖値を測定する検査方法です。CGMを使って全体的な血糖値の変動が把握できるようになり、1型糖尿病患者さんや一部の2型糖尿病患者さんはより効 ...

アクティブ・フォー・オール拠点が行うロコモ予防の取り組みとは?

現代人は昔に比べて体を動かす機会が少なく、「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」予備群の数は増加傾向にあるといわれています。中でもメタボの方や、身体能力が衰えやすい糖尿病患者さんは、特にロコモのリ ...

食後10分のウォーキングが効果的! 肥満や血糖値の改善にウォーキングを

ウォーキングをはじめとした有酸素運動は、糖尿病の予防・治療に有効な習慣です。しかし、ウォーキングを続けようと考えてはいるものの、仕事や家事などで忙しく、なかなかまとまった時間を取れないという方も多いの ...

黄砂に要注意! 黄砂の翌日は急性心筋梗塞が増加

東アジアの砂漠から強風に運ばれて飛来する「黄砂」は、飛来する過程で大気汚染物質や微生物が付着する場合があることから、健康への悪影響が懸念されています。 さらに最近の研究では、黄砂が観測された翌日 ...

糖尿病の運動療法にも。クロスフィットのメリットとは?

「クロスフィット」というトレーニングをご存知でしょうか。 これは機能的高強度トレーニング(F-HIT)と呼ばれるトレーニング方法の1つで、筋力やスタミナ、持久力などの能力をバランスよく高めたり、 ...

緑内障の予防改善における、ミカンのポリフェノールの効果とは?

緑内障は日本人の視覚障害の中でももっとも多い症状で、40歳以上の日本人では20人に1人が発症しているといわれています。糖尿病患者さんの目の病気というと、糖尿病白内障が思い出されますが、実は緑内障もまた ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP