食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

若者も体重コントロールが重要。肥満に向き合い、積極的な対策を

若いうちからの体重コントロールが大切

自分が肥満かどうかは、『BMI』という指標を使って確認することができます。

BMIをもとめる計算式葉以下のとおりです。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI

世界保健機関はBMIが25以上で過体重、30以上で肥満とさだめています。ただし日本肥満学会では、BMIが25以上の人から2型糖尿病と循環器疾患のリスク上昇や、内臓脂肪の増加といった影響が多くみられることから、BMIが25以上の人を肥満とさだめています。

BMIが肥満か過体重に該当する人は、食事と運動の習慣の改善に取り組みましょう。
そのポイントは以下の通りです。

1. 食事の際は満腹になるまで食べるのを控えて、腹八分目に留めることを心がけましょう
2. 毎日決まった時間に食事をし、それに合わせて行動することで食習慣を改善しましょう
3. 毎日食べたもののカロリーや体重を記録しておくと、自分が食べ過ぎかどうかを意識できるようになります。この時には1日3回の食事だけではなく、間食やアルコールのカロリーも計算に入れて、なるべく正確に記録するように努めましょう。
4.ウォーキングやランニングなど、肥満を改善する有酸素運動を取り入れましょう。有酸素運動を続けると、20分頃から体脂肪がエネルギー源に切り替わります。長い時間継続できる有酸素運動の習慣をつけることで、脂肪を効率よく減少できると考えられています。

『基本的に車で移動している人は移動手段を公共交通に変える』『エスカレーターを使うところを階段で移動する』などの工夫をするだけで、歩く機会を増やすことができます。なるべく時間をつくって、有酸素運動を積極的に行いましょう。

現在は世界の人口の約30%が過体重であることが調査によって明らかになっており、肥満や過体重への対策は、世界的にも重要な課題だと考えられています。

肥満や過体重を自覚することは、生活習慣病のリスクを回避する第一歩です。「自分は大丈夫」と思っている人も、念のためにBMIの計測を行いましょう。もしも過体重や肥満に該当した場合は、生活習慣の改善をはかることが大切です。

参照・参考
Elsevier│Am I Fat? Many of Today’s Adolescents Don’t Think So
EurekAlert! Science News│New study finds more than 2 billion people overweight or obese

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner