治療と予防コラム

血圧は高い・低いだけを見るだけではダメです。適正な上下差を知りましょう


上と下とはどういう意味?血圧の基礎知識!

心臓はポンプの役目をしており、血液に圧力をかけて血管に血液を送り出します。
まず動脈を通って全身に酸素を送り、次に静脈を通って二酸化炭素や老廃物を回収していき心臓に戻ってきます。
このような血液循環で生命を維持しています。

血圧とは、血液が血管の壁を押す力のことです。
心臓から送り出される血液の量と血管の硬さによって血圧が決まります。
例えば、心臓から送り出される量が多ければ血圧は上がり、血管が柔らかければ抵抗が少なくなるので血圧は下がります。


血圧を測定すると上と下の数値が出てきます。
「上の数値」とは、収縮期血圧といい、心臓が収縮すると血液が血管に送り出され血管に高い圧力がかかります。
このときの血圧のことです。
「下の数値」とは、拡張期血圧といい、心臓が血液を送り出したあとにいったん拡張し、肺などから血液を吸い込みます。
このときの血圧が最も低くなる数値のことです。


(図)高血圧ガイドラインに基づく血圧の目標値
  診察室血圧 家庭血圧
若年者・中年者 130/85mmHg 未満 125/80mmHg 未満
高齢者 140/90mmHg 未満 135/85mmHg 未満

糖尿病患者
慢性腎臓病
心筋梗塞後患者

130/80mmHg 未満 125/75mmHg 未満
脳血管障害患者 140/90mmHg 未満 135/85mmHg 未満

(注)診察室血圧:診察室で測定する血圧。家庭で測定するよりも医師を前にすると緊張することが影響し、高値であることが多い。
  家庭血圧:家庭でリラックスした状態で測定する血圧。
 ※日本高血圧学会を引用・抜粋


血圧の上下差の適正値は?

血圧の上と下の解説の次は上下差(脈圧)について解説しましょう。
血圧の適正値を知るためには、脈圧以外に、平均血圧も大切な数値です。
拡張期の血圧と収縮期の血圧の平均値を出すことで、平均的に動脈にかかっている圧力が計算できます。


☆脈圧とは心臓に近い太い動脈の動脈硬化をチェックする指標
脈圧=上の血圧—下の血圧
*60mmHg以上の方は、心臓に近い太い血管に動脈硬化の恐れがあります。

☆平均血圧とは細い血管の動脈硬化をチェックする指標
平均血圧=(上の血圧−下の血圧)÷3+下の血圧(正常90未満)
*90以上の方は、心臓から遠い細い血管に動脈硬化の恐れがあります。
(出典:湧永製薬HP「私の脈圧は大丈夫?」より
高沢 謙二 東京医大八王子 医療センター病院長)

血圧を測定すると、血圧の上と下の数値のうち、どちらか一方だけ正常範囲におさまっているけれど、もう一方は正常範囲ではないという場合があります。

例)血圧160/80の人
上は少し高いですが下は正常範囲です。
しかし、この状態で放っておくのは危険なのです。
脈圧=160—80=80
平均血圧=(160—80)÷3+80=107

この計算結果より、この例の場合では、心臓から近い血管も遠い血管にも動脈硬化が進行している恐れがあると見なければなりません。
動脈硬化がさらに進行すると心筋梗塞や脳梗塞が高まり命にかかわってきます。

つまり、糖尿病で高血圧を合併している患者さんは、このまま放置しておくと動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞のリスクがきわめて高いのです。
それを食い止めるためには、日々の血圧チェックを欠かさず、血圧の上下差(脈圧)や平均血圧を知ることが大切だということです。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

湿度の高い夏は要注意! 水虫予防の8つのポイント

血糖コントロールがうまくいっていないと、末端の足に十分な酸素や栄養が行き届かず、小さな傷でも化膿・壊疽してしまう恐れがあります。 そのため、糖尿病患者さんは特に、足の健康には注意を払うことが大切にな ...

高血圧と痛風を予防! 一石二鳥の「DASHダイエット」とは

みなさんは「DASHダイエット」をご存じですか? 「DASH」とは、「高血圧を防ぐ食事方法」(Dietary Approaches to Stop Hypertension)の頭文字を取った食事療法 ...

その他の記事

高齢者は筋肉の減少に注意。奈良県が公開している体操の内容とは?

高齢化が進行している昨今、高齢の方が長く健康な状態を保つことは、以前にも増して大きな課題になっています。加齢によって高まるリスクを未然に防ぐために、地方自治体や医療機関などがさまざまな取り組みを行って ...

季節に合わせてメニューに工夫を。糖尿病患者さんに大切な料理の条件は?

糖尿病の食事療法ではカロリーや糖質などの注意点が多く、ネガティブなイメージを抱いている方も少なくありません。 けれども、現在では糖尿病の治療に励む多くの方々のために、食事療法に有効な多くのメニュ ...

自転車は続けやすい有酸素運動。研究で分かった効果とは?

有酸素運動の1つであるサイクリングは、体にかかる負担が少なく長く続けやすいという長所があります。さらに、さまざまな研究によって、自転車に乗る習慣が体重の増加や肥満の改善に有効であることが示されています ...

運動との組み合わせが効果的。乳製品が生活習慣病におよぼす影響とは?

「運動をした後に乳製品を摂取することで、生活習慣病の原因である慢性炎症を抑えられる可能性がある」。そんな研究報告が信州大学によってなされています。 牛乳をはじめとした乳製品には『糖尿病のリスク低 ...

おやつでも野菜が摂れる? 魅力の野菜スイーツはコレだ!

健康にいいというのはわかっていても、日々の食事でじゅうぶんな量の野菜を食べるのは難しいものです。そこでオススメなのが、野菜を使ったスイーツをおやつとして取り入れる方法です。今回は、おやつにピッタリな野 ...

「夏バテかな」と思ったら、クエン酸!? クエン酸たっぷりのおやつレシピ

日差しが強く照りつける今日この頃。「ちょっと食欲がないな……」「夏バテかな……?」と思ったときには、クエン酸がオススメです。今回は、クエン酸の健康効果と、クエン酸がしっかり摂れるおやつレシピをご紹介し ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP