食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

2014年の流行語大賞にもノミネート!話題の「ミドリムシ」とは?

「ミドリムシ」という言葉をご存じでしょうか?

最近ではコンビニでもミドリムシ入りのドリンクやヨーグルトなどが発売されているので耳にしたことがある方も多いと思います。
今この「ミドリムシ」はその健康効果が注目され、なんと2014年の流行語大賞にもノミネートされたホットなものなんです。

では、「ミドリムシ」とは一体なんなのか、またどんな健康効果が期待されているのか、詳しく見ていきましょう。

「ユーグレナ」=「ミドリムシ」。植物と動物の特徴を併せ持つ生物

「ミドリムシ」は、5億年以上前にも地球に存在していたと言われる単細胞生物。
「ミドリムシ」というと「虫」という印象を抱いてしまうかもしれませんが、こんぶやわかめのような海藻の一種で、光合成を行う葉緑体を持ちます。
しかし植物と思いきや、0.01~0.05mmほどの体を変形させながら自力で移動もでき、動物の側面も併せ持っています。
主に淡水で栄養の多い場所に生息し、私たちの身近な水田や川、水たまりなどにも見られます。

食品として大注目!ミドリムシの豊富な栄養と、高い吸収率

ミドリムシが食品として注目されているのは、植物と動物の性質をあるため、野菜や肉・魚などの栄養素両方の特徴を併せ持っているという点です。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸などなど、とても数多くの栄養素を含んでいます。

特に、青魚で注目されている栄養成分、不飽和脂肪酸の一種である「EPA・DHA」も豊富に含んでおり、これらは悪玉コレステロールを下げる働きがあるため、動脈硬化の予防にも効果的と言われています。
さらに、次のような優れた点によって、ミドリムシはさまざまな健康効果が期待されているのです。

◎ミドリムシの優れたところ

  • 不飽和脂肪酸の一種である「EPA・DHA」が悪玉コレステロールを下げる。
  • 「パラミロン」という食物繊維のような成分が、余分な油などの不要物を吸着して排せつさせ、便通を良くする。
  • 体の調子を整えるビタミン・ミネラル、体を作る元となる必須アミノ酸もバランス良く含まれ、それらを一度に摂取できる。
  • 通常植物にある細胞壁がないため体内への高い吸収率が見込める。

糖尿病など生活主観病の予防・改善にも期待!?頼り過ぎは禁物、上手に取り入れよう

このように、高い健康効果が期待されるミドリムシ。
これらの健康効果は、高脂血症、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善にもつながっていくことでしょう。

ミドリムシを取り入れるには、最近では手軽なサプリメントや食品がたくさんあります。
しかしこれらの健康食品はあくまで補助的なもの。
いくら健康効果が期待できるからと言って、普段の生活習慣を疎かにして良いということにはなりません。
普段の食事などをきちんと整えた上で、頼り過ぎることなく上手に取り入れられると良いですね。

またすでに糖尿病などを発症し治療中の方は、医師の指導をしっかりと守った上で、これらの健康食品の利用を相談してみると良いでしょう。

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner