治療と予防コラム

週末だけでも効果あり! 「週末運動」で健康的な生活を送ろう


持病がある人の注意点


一方で、糖尿病などの持病がある人は、運動をする際に注意しなければならない点がいくつかあります。

まず薬物治療中の糖尿病患者さんは、運動中に低血糖が起こらないように、運動前のインスリン量を減らしたり、低血糖が起こった場合のために糖類を含む飲食物を携帯したりしましょう。

自分ひとりだけで対策をするのは危険ですので、事前に主治医に相談して、減らすインスリンの量などを決めてもらうようにしてください。

そのほかの持病がある人も、以下の点に気をつけるようにしましょう。

・こまめに水分補給をする
・運動を始める前に準備運動と整理運動を行う
・運動習慣がない人は急に強度の高い運動をしない
・足のサイズに合う靴を選び、必ず靴下を着用して外傷を防ぐ

自身のライフスタイルに合わせて無理のない程度に運動を行って、健康的な生活が送れるようにしていきましょう。

参照・参考
糖尿病ネットワーク│「週末だけ」のウォーキングでも効果 「毎日」行うと何が変わる?
糖尿病ネットワーク│運動処方:どんな運動を、どれくらい(3)
厚生労働省│身体活動・運動

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

相談することは「強さ」! 糖尿病による苦痛を軽減

「糖尿病による苦痛」は、心身の負担や医療費の心配・周りの人の誤った認識など、人によって異なります。 今回は、糖尿病による苦痛を軽減するための情報を紹介します。詳しくは「続きを見る」よりご覧く ...

検診では正常でも、実は高血圧?! 「仮面高血圧」とは?

「仮面高血圧」という言葉をご存知ですか? 血圧を診察室や健診で測ると基準内で正常なのに、家庭で測ると基準値を超え高血圧であることを仮面高血圧と呼びます。 今回は仮面高血圧についての情報をご紹介しま ...

その他の記事

血糖コントロールに有効な運動習慣「レジスタンス運動」とは?

「レジスタンス運動」という言葉をご存知でしょうか?筋肉にレジスタンス(抵抗)をかけながら行うこの運動は、有酸素運動とともに血糖コントロールの改善に効果があります。糖尿病の運動療法としても有効な ...

心臓病・脳卒中の対策に大事な習慣、「ライフ シンプル7」の内容とは?

糖尿病患者さんは心臓病や脳卒中の発症リスクが高く、これらの病気に備えることも、欠かせない取り組みの1つとなっています。米国心臓病学会では、心臓病と脳卒中を予防するために大切な7つの生活習慣を「 ...

エネルギー消費の重要知識。「よく噛む」メリットを紹介します

糖尿病患者さんの治療において、エネルギーコントロールは非常に大きな要素の1つです。そのためには、食事の内容や量だけではなく、噛む回数にも注意すると効果が高くなることをご存知でしょうか。...

糖尿病の食事療法に有効。ビタミンCのメリットとは?

ビタミンにはいくつかの種類があり、それぞれが体を健康に保つ上では欠かせない、重要な役割を担っています。その一つであるビタミンCは、ビタミンEやビタミンB2、β-カロテンと並んで抗酸化のメリット ...

進む県民の肥満傾向。「長寿県」イメージを取り戻す沖縄県の取り組みとは?

かつての沖縄県は「長寿県」というイメージの通り、県民の平均寿命が高いことで有名な県でした。しかし、近年では県民の肥満が進み、平均寿命でも多くの県に遅れをとっています。この現状を危惧した沖縄県は ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集
ニュースレター登録

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP