【医師監修】インスリン注射や血糖値自己測定に使う針・センサー。どう捨てればいい?

針はケースを装着し、自治体のルールに従って廃棄

インスリンの自己注射に広く用いられているペン型の注射器には、「針刺し」事故を起こすことなく処理できる針ケースが付属しています。この針ケースを装着することで、安全に針を取り外し、処理することができます。穿刺針にも保護キャップがついていたり、針周辺部分そのものが使い捨てられるものがあります。

使用済みの針はケースを装着したまま、プラスチックや厚紙の容器に入れます。空の牛乳パックやラベルを外した350mlペットボトルなど、針が貫通して外に出る心配のないものを使いましょう。誤ってリサイクルにまわる危険があるため、缶・ビンに入れることは避けてください。

その後の処理は、自治体により異なります。容器を密封したあと、袋に入れて「燃えるごみ」として処理する例もありますが、針は自治体では処理できない、としているところも少なくありません。注射針の回収を行っている薬局もあるため、その際には薬局やかかりつけの病院にご相談ください。

参照・参考
在宅医療廃棄物の取扱いガイド
在宅医療廃棄物の処理に関する取組推進のための手引き
在宅医療廃棄物の分け方・出し方 | 壬生町公式WEBサイト

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変