食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】飛蚊症は糖尿病網膜症のサイン?その症状と注意点とは

飛蚊症の症状と原因とは

「飛蚊症」とは、実際には何もないはずなのに、目の前に黒いものが浮かんでいるように見える症状をいいます。

視線を動かすと黒いものも一緒に移動します。点々としたゴマ状のもの、少し長さのある糸くず状のもの、まるで蚊のように見える虫状のもの、タバコの煙を吐いたときにできる輪っか状のものなど、目の前に現れる「黒いもの」の形は様々で、時に半透明の場合もあります。

瞬きしたり目をこすっても消えることはありません。また白い壁や青空などを見つめている時にあらわれやすく、暗いところに入ると気にならなくなる傾向があります。

飛蚊症が生じる原因は、眼球の硝子体に発生した「濁り」です。

眼球は硝子体と呼ばれる均一なゲル状の物質によって満たされています。そして眼球に入った光はこの硝子体を透過し、網膜上に像を結びます。このとき硝子体に濁りがあると網膜上にその影が投影され、黒いものがあると認識されてしまうのです。

生理的飛蚊症と病的飛蚊症

飛蚊症の症状が現れた場合、どうすればよいのでしょうか。実は飛蚊症には、特に治療の必要がない生理的飛蚊症と、早急に治療を要する病的飛蚊症があります。

「生理的飛蚊症」とは生まれつきの特徴や、加齢に伴う変化によって起こる飛蚊症をいいます。例えば、生まれつき硝子体の中に飛蚊症のもととなる濁りをもっている場合もあります。本来は出生時までになくなっているはずの血管の一部が硝子体の中に残ってしまうことなどが原因です。

また、加齢に伴う変化として飛蚊症が現れることがあります。

幼少期には均一だった硝子体も、年を重ねると濁りが生じがちになります。場合によっては硝子体そのものが収縮し、網膜から引きはがされる「後部硝子体剥離」が生じます。この時に剥離した組織の一部が網膜に影を落とし、飛蚊症が生じるのです。

中高年に起こりやすい症状ですが、近視が強い方の場合には若年でも後部硝子体剥離が起こりえます。

後部硝子体剥離そのものは必ずしも治療を要するものではありませんが、硝子体が網膜から引きはがされる時、強い力がかかって網膜を引き裂いてしまうことがあります。これを「網膜裂孔」といい、この場合には治療が必要です。

糖尿病網膜症の症状として起こることも

糖尿病患者さんに飛蚊症の症状が現れた場合には、どんなリスクが考えられるでしょうか。もっとも気をつけたいのは合併症である糖尿病網膜症です。2018年の調査において、糖尿病網膜症は日本人の失明原因として第3位にランクインされている重篤な疾患です。

糖尿病網膜症は高血糖が続いて網膜血管がダメージを受けることによって発症し、毛細血管がもろくなって血管から血液が漏れ出る「単純網膜症」、毛細血管が閉塞して網膜に壊死が生じる「増殖前網膜症」、毛細血管の閉塞が進んで新生血管がつくられ、さらにそれが破綻する「増殖網膜症」の段階を追って進行します。

新生血管はとてももろく、これが破れると大きな硝子体出血が起こります。さらに新生血管の周りにできる「増殖膜」という組織が網膜を引っ張り、網膜剥離を引き起こすことがあります。

硝子体出血や網膜剥離は失明の原因となるため、糖尿病網膜症を発症した場合には症状が進行する前に発見・治療することがとても重要です。飛蚊症は網膜剥離の前兆として現れることが多いと言われています。

ですから糖尿病患者さんに飛蚊症の症状が現れた場合には、糖尿病網膜症による網膜剥離が進行していないかどうか、早急に確かめる必要があります。

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner