食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】飛蚊症は糖尿病網膜症のサイン?その症状と注意点とは

飛蚊症の症状が現れたら早めに検査を

飛蚊症に糖尿病網膜症が隠れていないかどうかは、眼底検査によって調べることができます。眼底検査は散瞳剤を投与して瞳孔を開き、検視鏡を用いて行います。

眼底検査で異常が認められた場合には蛍光眼底撮影が行われます。糖尿病網膜症によって血管の閉塞が進んでいる場合には、血管が写らない無血管領域といわれる部分が生じます。

糖尿病網膜症を発症した場合、網膜の中心である「黄斑」と呼ばれる部分に白斑や網膜出血などの異常が生じると視力にも影響が現れますが、そうでない場合には視力に異常がないことが多く、初期段階で気づくことは困難です。

そのため糖尿病患者さんには、特に症状がないと思われる場合であっても、定期的に眼科での検診を受けることが推奨されています。

検査で網膜症が見つかった場合、網膜剥離を起こしていない段階では、網膜光凝固術と呼ばれるレーザー治療が行われます。既に網膜剥離が生じている段階では硝子体の手術が行われることがあります。また、こうした眼科治療と並行して血糖コントロールを行っていくことが重要です。

まとめ

飛蚊症には治療を要しない生理的なものと治療を要する病的なものがありますが、糖尿病の患者さんに飛蚊症の症状が現れた場合には特に、糖尿病網膜症による網膜剥離のサインでないかどうかを確かめることが急務です。早急に検査を受け、糖尿病網膜症との関連性を調べてください。

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner