食事改善の大事な存在「抗酸化ビタミン」の特徴とは

野菜は糖尿病の予防や食事療法として有効な食材です。野菜を多く食べている人はそうではない人に比べて、糖尿病の発症リスクが低いことも明らかになっています。

その理由の1つに、野菜には「抗酸化ビタミン」と呼ばれる成分が豊富に含まれていることがあげられます。

抗酸化ビタミンには、主に「ビタミンC」「ビタミンE」「β-カロテン」といった種類があり、それぞれの抗酸化ビタミンが異なる性質を持っています。

こうした性質の違いや、野菜をはじめとしたそれぞれの抗酸化ビタミンが多い食品を把握しておくと、食事療法をさらに充実させることができます。

今回は健康的な生活を送るために覚えておいてほしい情報として、抗酸化ビタミンの性質と、それぞれの抗酸化ビタミンの特徴をお伝えします。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変