食事療法の味方!みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」って?

糖尿病の治療にメリットが多いβ-クリプトキサンチン

この研究の対象となったβ-クリプトキサンチンは、特に温州みかんに豊富に含まれていますが、他にもでこぽんやぽんかん、パパイヤといった柑橘類、トウガラシやびわ、柿にも含まれています。

血糖値を正常に保つ機能の改善や脂肪細胞の肥大化を抑制する効果があることが報告されているため、近年では糖尿病の進行をやわらげる効果が期待できる成分だと考えられるようになってきました。
さらに、報告されている特長はそれだけではありません。骨粗しょう症の予防や免疫力を高める効果があることも示されており、摂取することによって健康を保てる可能性が期待されています。

β-クリプトキサンチンが含まれる温州みかんが、旬の冬には手軽に購入でき、安価かつ継続的に手に入りやすい点も大きなメリットだといえるでしょう。1個あたりのカロリーは30〜40kcal、糖質は12〜4gとカロリーが控えめなのもポイントです。

ふだんの食生活でもよく登場するみかんですが、これからは、その中に含まれている成分の効果にも注目してみてはいかがでしょうか。日々の食事が充実するだけではなく、食事療法の効果を高めてくれる画期的な存在になるかもしれません。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変