食物繊維たっぷり! からだに嬉しい寒天を使ったヘルシーおやつ

寒天を使ったヘルシーおやつ

寒天には水を抱え込む作用があり、乾物量の250倍の水を固めてしまうと言われています。そのため、旨みを閉じ込める料理や、ジュースや果物を混ぜ込んだスイーツにも利用されることがあります。ヘルシーなおやつとして、寒天を使ったところてんや、みつ豆など、伝統的な和スイーツを楽しむのも良いでしょう。

また、寒天を溶かして材料を混ぜ、冷やし固めるだけなので、自宅でも気軽に寒天スイーツを作ることができます。寒天を使ったスイーツとして、例えば牛乳とフルーツを混ぜ込んで固めた「牛乳かん」や、フルーツジュースやコーヒーで味をつけた「寒天ゼリー」などがあります。「牛乳かん」1人前(138.8g)のカロリー量は123kcal、「寒天ゼリー」1人前(79.75g)のカロリー量は40kcalです。混ぜ込む材料によっては、低カロリーでおいしいスイーツを実現することも可能です。

ゼリーに飽きたら伝統的な和菓子である「羊寒」を作ってみるのもおすすめです。ここでは、手軽に作ることができるレシピをご紹介します。

<あずきと抹茶の羊寒>

あずきと抹茶を使った、色鮮やかな寒天デザートです。カロリー量は86.9kcalと、低カロリーなのも嬉しいポイントです。
>>詳しいレシピはこちら

食物繊維をたっぷり含む寒天は、手軽にさまざまな料理を作ることができるので、積極的に取り入れていきたい製品となりそうです。もちろん、スイーツを食べる時は食べ過ぎには注意しましょう。健康的な食生活の基本は、バランスのとれた食事ということを忘れずに、上手に間食とつきあっていきましょう!

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病