治療と予防コラム

原因の異なる糖尿病。もっと知りたい「1型糖尿病」の治療は?


膵臓細胞の破壊による1型、生活習慣による2型

まず1型と2型の違いを見てみましょう。

糖尿病の大半を占める2型糖尿病は生活習慣と大きな関連があり、その原因として加齢や肥満、食事の摂り過ぎ、運動不足などが挙げられます。
私たちの体では、膵臓から分泌されるインスリンによって、食事などで上がった血糖値を下げて一定に保っています。
しかし、生活習慣の乱れなどのよって、インスリンの分泌が悪くなったり効果が出にくくなることで、慢性的に高血糖状態が続いてしまうと、ゆっくりと2型糖尿病の発症につながっていきます。


一方1型糖尿病は、その発症の原因は生活習慣との関連はありません。
自らの細胞を攻撃してしまう自己免疫によりインスリンを分泌する膵臓のβ細胞が壊れてしまうことが主な原因ですが、その詳細な原因は解明されていないのが現状です。


発症年齢は、2型では中年以降の方が多いのに対し、1型では子どもや若い年齢層にも多いのが大きな特徴です。

また1型の場合、急激に症状が進行します。最初は発熱などの風邪のような症状から始まり、その後、激しくのどが渇くなどの症状が現われます。
合わせて、尿が多くなったり、食べているのに痩せるといった症状が出ます。このような症状が見られたら直ちに受診しましょう。

インスリンはブドウ糖をエネルギーに変えて血糖値を下げる働きがありますが、1型ではインスリンの分泌がほとんどない状態。
そのため血中にブドウ糖が溢れ、血糖値が急激に上がります。
またエネルギー源としてブドウ糖を利用できないため、脂肪からエネルギーを得ようとし、その過程で産生される「ケトン体」という物質が血中に大量に増える(「ケトアシドーシス」)と昏睡状態に陥りかねず、生命にかかわる極めて危険な状態になることもあります。


1型糖尿病の治療は「インスリン注射」がまず基本

1型糖尿病では膵臓の細胞が壊れてしまい、インスリンがほとんど分泌されなくなります。そのため、注射でインスリンを補充し、血糖値をコントロールすることが必要不可欠です。

インスリン注射は1日数回に分けて行います。
健康な人では、食事をしていなくても少しずつ出ている「基礎分泌」と、食事を摂ると急速に出る「追加分泌」の2つのインスリン分泌パターンがあります。

インスリン製剤には効果の出る速さから、超即効型・即効型・混合型・中間型・持効型に分かれていますが、食前には効果が早い超即効型を、睡眠前には効果が長時間持続しやすい持効型といった具合に使い分けて注射し、本来の分泌リズムに近づけます。

血糖値は食事内容や量・活動量などによっても変動します。医師の指導の下、インスリン注射の量も、血糖値に合わせて調整することが必要です。
そのため、1日数回血糖値を測定・記録して管理することも大切。
記録することによって、どのようなときに血糖値が下がりやすいか、インスリン注射量をどう調節するかを学んでいくことができます。

他にも、インスリン持続皮下注入療法 (CSII)を行う場合もあります。

これは、携帯用音楽プレーヤー程度の大きさのインスリンポンプを用いて、体内に留置した針(柔らかい素材の針)からインスリンの持続注入を行います。
食事のときには追加注入し、血糖値の上昇を防ぐことができます。
血糖値の変動に対応しやすくなるため、血糖値コントロールのためにかける精神的・時間的負担を軽減することができます。

1日数回の注射を毎日行うことは心理的負担が大きいものです。
インスリンが効きすぎて低血糖になったら?という不安もあるでしょう。
そういった意味でも、インスリンポンプは、1型糖尿病患者さんにとって生活の質向上に大きく貢献しているといえます。
CSIIは保険診療が可能です。詳しくは医師に尋ねてみてください。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

医療費の節約につながる!? 「7つの生活習慣」で健康を維持しよう!

米国心臓病学会(AHA)が推奨する、「7つの生活習慣」の多くの項目を実行している患者さんは、心臓病や脳卒中の発症リスクが減少し、医療費の削減につながるという調査結果が発表されました。 今回は、「7つ ...

週末だけでも効果あり!? ウォーキングを始めよう!

毎日ウォーキングをしようと思っても、時間が取れずに三日坊主で終わってしまった……。そんな経験、ありませんか? 実は、週末だけの運動でも、健康への効果が見込めるんです!詳しくは「続きを見る」よ ...

その他の記事

肥満にも良性と悪性が!? 注意したい「リンゴ型肥満」

肥満は糖尿病の発症リスクを高める原因の1つであり、糖尿病患者さんや糖尿病予備群に該当する人は、肥満の予防や改善を積極的に行う必要があります。ですが肥満は脂肪のたまり方でタイプが異なり、それぞれ ...

動脈硬化の予防にもなる? ストレッチングのすすめ

あなたは普段、自身の体の柔らかさを気にしているでしょうか。体の硬さは代謝や血行をはじめとする、さまざまな身体機能に影響しています。過去に行われた研究からは、体の硬い人は動脈硬化を発症する可能性 ...

見つかりにくい糖尿病リスク「脂肪筋」に備えるポイントとは

糖尿病患者さんや、その予備群の方たちにとって、脂肪の蓄積は注意をしなければいけない要素の1つです。「脂肪の蓄積」というと、多くの人はまず、目に見えて太ってくるイメージを抱く傾向があります。しか ...

公共交通の活用が、肥満リスクを回避する?

自家用車は目的地まで直接移動できる便利な交通手段ですが、体を動かす機会が減ってしまうというデメリットのある生活習慣だと捉えることもできます。逆に、車を使わない生活は、毎日の活動量を増やせるともいえます ...

早速おやつに取り入れよう!豆の健康パワーがすごい!

近年その健康パワーが注目されている豆。そのままでもおいしくて健康によく、お菓子にも使われています。 今回はそんな豆の栄養価や効能のほか、豆菓子を買える専門店などを紹介します。色によって違う! ...

外で身体を動かそう! 都内で楽しめる春のイベント

気候の穏やかな春。外出する機会も多くなります。外出は脳が活性化され、健康維持にも効果的とされています。 今回は春に都内で楽しめるイベントと、外出先で最適なおやつを紹介します。外出のメリット ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集
ニュースレター登録

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP