治療と予防コラム

原因の異なる糖尿病。もっと知りたい「1型糖尿病」の治療は?


1型糖尿病患者さんにおける食事や運動

1型糖尿病においては、特別な食事・運動療法は必要ありません。
特に育ちざかりの子どもさんに発症した場合は、成長のために必要な量をしっかり摂ることが大切です。
食事によって上がった血糖値は、インスリン注射で対応する方法が採られます。
運動も、肥満や生活習慣病を招かないよう適宜行う程度で問題ありません。


インスリン注射を欠かさずに、定期的受診で体調コントロールを

1型糖尿病患者さんが最も気を付けなくてはならない点は日々のインスリン注射を欠かさず行うということです。
2型と違って1型ではインスリンの分泌量がほとんどなくなります。
もし注射でインスリンを補充しなければ、血糖値が急激に上がり非常に危険です。
また、血糖値をコントロールしなければ、2型糖尿病と同様に合併症 の危険性も高まります。

また、定期的な通院を欠かさず、血糖値の記録などから自分に合ったインスリンの種類や量を医師と相談しましょう。

子どもであれば、小児糖尿病の専門医を受診した方が望ましいです。
子どもさんが最終的には自分で注射をして管理できるようにしていかなくてはならないため、医師や学校など周囲とも連携し、サポートしていくことが大切です。


1型と診断されると、一生インスリン注射をしていかないといけないという精神的・経済的負担などからストレスを感じるものです。
しかし、ストレスも血糖値を上げる要因となるので、なるべくストレスを感じないよう、気持ちを前向きにする工夫も必要です。
自分が楽しめる趣味を持つなども一つの方法です。
同じ境遇の方と分かち合いたいと考える方もいるでしょう。
1型糖尿病の患者会・家族会で体験談を聞いたり、悩みを分かち合うことができれば心が楽になるかもしれません。
情報交換も含め、積極的に参加してみましょう。

2型と異なり、食事の制限は基本的にはありません。時には外食も楽しみましょう。
ただし、生活習慣病予防の観点から、日頃からインスタント食品や脂っこい食事が多い方は、なるべく「健康的な食事」に近づけるようにしましょう。


血糖値コントロールを生活の一部に、自分らしい生活を楽しむ

このように1型糖尿病は、2型糖尿病とはその原因も症状も治療方法も異なります。
1型はインスリン注射が基本の治療となり、毎日数回の注射は負担にはなりますが、食事や運動については制限がありません。
血糖値コントロールを生活の一部と考え、前向きに自分らしい生活を楽しむことが大切です。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

湿度の高い夏は要注意! 水虫予防の8つのポイント

血糖コントロールがうまくいっていないと、末端の足に十分な酸素や栄養が行き届かず、小さな傷でも化膿・壊疽してしまう恐れがあります。 そのため、糖尿病患者さんは特に、足の健康には注意を払うことが大切にな ...

高血圧と痛風を予防! 一石二鳥の「DASHダイエット」とは

みなさんは「DASHダイエット」をご存じですか? 「DASH」とは、「高血圧を防ぐ食事方法」(Dietary Approaches to Stop Hypertension)の頭文字を取った食事療法 ...

その他の記事

高齢者は筋肉の減少に注意。奈良県が公開している体操の内容とは?

高齢化が進行している昨今、高齢の方が長く健康な状態を保つことは、以前にも増して大きな課題になっています。加齢によって高まるリスクを未然に防ぐために、地方自治体や医療機関などがさまざまな取り組みを行って ...

季節に合わせてメニューに工夫を。糖尿病患者さんに大切な料理の条件は?

糖尿病の食事療法ではカロリーや糖質などの注意点が多く、ネガティブなイメージを抱いている方も少なくありません。 けれども、現在では糖尿病の治療に励む多くの方々のために、食事療法に有効な多くのメニュ ...

自転車は続けやすい有酸素運動。研究で分かった効果とは?

有酸素運動の1つであるサイクリングは、体にかかる負担が少なく長く続けやすいという長所があります。さらに、さまざまな研究によって、自転車に乗る習慣が体重の増加や肥満の改善に有効であることが示されています ...

運動との組み合わせが効果的。乳製品が生活習慣病におよぼす影響とは?

「運動をした後に乳製品を摂取することで、生活習慣病の原因である慢性炎症を抑えられる可能性がある」。そんな研究報告が信州大学によってなされています。 牛乳をはじめとした乳製品には『糖尿病のリスク低 ...

おやつでも野菜が摂れる? 魅力の野菜スイーツはコレだ!

健康にいいというのはわかっていても、日々の食事でじゅうぶんな量の野菜を食べるのは難しいものです。そこでオススメなのが、野菜を使ったスイーツをおやつとして取り入れる方法です。今回は、おやつにピッタリな野 ...

「夏バテかな」と思ったら、クエン酸!? クエン酸たっぷりのおやつレシピ

日差しが強く照りつける今日この頃。「ちょっと食欲がないな……」「夏バテかな……?」と思ったときには、クエン酸がオススメです。今回は、クエン酸の健康効果と、クエン酸がしっかり摂れるおやつレシピをご紹介し ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP