食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病のよくある誤解を解決! 2型糖尿病ってどんな病気?〜Q&Aその2〜

はじめに

今回は、前回に続いて2型糖尿病の素朴な疑問を解決していきます。
1型糖尿病との違いや糖尿病という病気について、よくある誤解などをQ&A方式でまとめました。

Q1 2型糖尿病って1型糖尿病と何が違うの?

★A1

糖尿病は、成因(発症メカニズム)により1型糖尿病、2型糖尿病の2つに大きく分類されます。
そして、発症メカニズムは異なるものの、どちらも同じ様な症状を呈します。
血糖値が高い状態が続き、様々な臓器に影響が出て来るのが糖尿病ですが、その代表的な自覚症状に、喉が乾く、水分をたくさん摂る、尿量が増える、疲れやすい、急激な体重の減少などがあります。

また、1型2型ともに遺伝要因が発症にかかわっていますが、その関与の程度は2型糖尿病の方が大きくなっています。
1型糖尿病の成因である「自己免疫疾患、遺伝因子」というのは、この場合においては、遺伝要因に加え、ウイルス感染などの環境要因が加わり、それが引き金となって自己免疫が過剰に働き過ぎてインスリンを分泌する膵臓β細胞を破壊しはじめてしまう疾患をいいます。
一方、2型糖尿病の成因は「遺伝要因によるインスリン分泌障害」と「生活習慣などの後天的環境要因によるインスリン抵抗性」の2つが関与しており、一人一人その関与の程度が異なるのが特徴です。

<1型糖尿病と2型糖尿病の比較>2型糖尿病
(参考;メディックメディア発行「病気が見える3」第3版「糖質代謝異常総論 糖尿病より」)

Q2 糖尿病の薬を使い出したら一生飲み続けることになるの?

★A2

2型糖尿病の治療の基本方針は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」の3つです。
糖尿病と診断されても、薬を飲む必要がない軽症の方もいれば、インスリン療法の必要な重症の方までいろいろな状況の方がいらっしゃいます。
コツコツと治療に取り組んで、血糖コントロールの目標を達成し、それを維持し続けることができれば糖尿病と上手にお付き合いができているということになります。
そうなれば、運動療法や食事療法だけで薬に頼る必要がなくなるまで改善することも可能です。

しかし、糖尿病と診断されても放ったらかしで治療せず、知らないうちに重症化していってしまうと、糖尿病の改善までに相当の努力と時間が必要となってしまいます。

ですから、糖尿病と診断されたらなるべく早くに治療を開始することが大切です。

Q3 糖尿病は一生治らない病気なの?

★A3

糖尿病は一生お付き合いする病気です。
では、一生治らない病気なのでしょうか?
糖尿病の診断基準は厳格に定められていますが、実は完治の基準は定められていません。

そこで、血糖コントロールが上手くいっており、正常範囲内の血糖値を維持できていれば糖尿病は落ち着いていると言えます。
つまり、「糖尿病は治ったよ!」という人もいるかもしれないという状態です。
例えば風邪の場合は、発熱、咳、鼻水などの症状がおさまれば完治したと言えますよね。湿疹であればブツブツが完全に治れば完治です。
そういった病気とは違って、糖尿病の場合は、油断すればまた血糖値が上がり重症化する恐れがあるため「完治」とはいえないのです。
高血圧も同様に完治とは言い難い病気です。

他にも、水疱瘡を例にとると、水疱瘡は子供の頃に一度罹ると大人になったら罹らない!と、言いますが、実は水疱瘡が治っても、それは症状がおさまっただけで、体の中にウイルスはずっと潜んでいるのです。
水疱瘡のウイルス(ヘルペスウイルス)は、免疫力が正常の時は、おとなしくしているだけなのです。
しかし、加齢や何か他の病気が原因で免疫力が低下すると、大人になってから帯状疱疹となって湿疹が出て来ます。これが再発です。

糖尿病も同じです。
糖尿病は「一生治らない病気」とネガティブに捉えがちですが、食事療法と運動療法でコントロールがきっちりとできていれば、安定した日常生活を送ることができるのです。
毎日の洗顔、ひげ剃りなどの日課と同じように生活の一部として糖尿病とも上手にお付き合いしていきましょう。

まとめ

今回は、2型糖尿病について、よくある誤解されやすい点を中心に解説しました。
糖尿病と上手に付き合っていくには糖尿病について誤解しないこと、良く知ることが大切です。

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner