時間が無くても大丈夫!通勤中の「ながら運動」で運動習慣

駅やバス停までの「ながら運動」

糖尿病患者さんにおすすめの有酸素運動といえば、まず「ウォーキング」が挙げられますが、堅苦しく、歩く時間や場所がないと思い込んでいませんか。

わざわざウォーキングの時間をとらなくても、普段の外出の時に、歩幅を大きく早足で歩くだけで、足の筋力アップにつながり、活動量は20~40%多くなるともいわれています。

また、いつもより少し距離を伸ばすなど、楽しく歩く工夫をするのも良いでしょう。

①いつもと違う道を歩いてみよう

ちょっと時間に余裕を持って、いつもと違う道を歩いてみると、思いのほか新鮮な気持ちで歩くことができます。
季節の変化を味わったり、新しいお店を発見したり、道中、さまざまな発見をするうち、思った以上の距離を歩いて、驚くかもしれませんよ。

②となり駅を利用してみよう

最寄りの駅やバス停の、となり駅を利用して、ひと駅多く歩いてみましょう。距離を伸ばすことで、効果的な有酸素運動を行うことができます。
新しいお店を見つけて、ぶらり旅の真似をしてみるのも良いですね。

③地図を利用してみよう

地図を利用して、行ったことのないお店でランチをしてみるのも良いでしょう。
休みの日には、地域の行事が行われている場所や、季節の花が咲く公園など、目的地を決めて歩くのも良いですね。

④階段を使おう

駅やビルでは、階段を利用しましょう。脚の筋力アップに非常に効果的です。最初は降りるだけでも大丈夫。
少ない段数の階段からチャレンジして、体調に合わせて無理せず増やしていくのも良いですね。

電車やバスの中でも「ながら運動」

<立ちながら・・・>

電車やバスに乗ると、ついつい座席を探すのに必死になっていませんか?

揺れる車内でバランスをとりながら、じっと立つだけでも十分運動になりますし、以下のポイントを意識すれば、さらなる運動効果を望めます。
つり革や手すりにつかまり、周囲の迷惑にならないよう、安全に行いましょう。

①背筋を伸ばして、姿勢を正しく立つ
②腹筋を意識して、お腹を引っ込ませて立つ
③足を肩幅の広さに開き、おしりに力を入れて立つ

さらに余裕があれば、
④かかとを床から上げて15秒静止、ゆっくり下ろすを繰り返す

<座りながら・・・>

毎日の通勤通学、「今日は座りたい」というような日もあるはず。そんな時に有効なのが、座りながら行える「ながら運動」。

以下のポイントに気を付けて行えば、座っている時にも運動効果を期待できます。

①背もたれを使わず、背筋をまっすぐ伸ばして座る
②腹筋を意識し、お腹を引っ込ませて座る
③太ももから膝、かかとまでを、ぴったりとくっつけて座る

この座ってできる「ながら運動」は、膝や腰への負担が比較的少ないため、関節に不安のある糖尿病患者さんでも、体調に合わせて取り入れやすい運動です。

医師に相談の上、無理のない範囲で始めてみてはいかがでしょう。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変