子どもも2型糖尿病になる!小児2型糖尿病の対策と予防

糖尿病というと、中年過ぎの高齢者がなる病気、というイメージが強いと思います。
もちろん糖尿病の一因には加齢もあり、年をとるごとに糖尿病リスクは上がっていきます。
しかし最近では、糖尿病の若年化が進み、20代30代でも発症する人が増え、また子どもが発症するケースも増えています。

ここでは、子どもの糖尿病を取り上げ、現状や対策・予防についてお伝えしていきます。

子どもは、1型糖尿病だけでなく、2型糖尿病にもかかる

子どもの糖尿病というと、自己免疫疾患である「1型糖尿病」がよく取り上げられます。
1型糖尿病は大人よりも、子どもの方が多く発症します。日本では1年間に10万人あたり1~2人の発症率と、数は多くはない病気です。
一方で、我が国の糖尿病の95%以上を占める「2型糖尿病」は、加齢、遺伝、食生活の乱れ、運動不足などさまざまな原因で発症します。

この2型糖尿病は、無関係と思われがちな小中学生の子どもでも発症するケースもあります。

大人の糖尿病との違いは?子どもの2型糖尿病の特徴

子どもの糖尿病は、小中学校での尿検査で糖が出た場合、精密検査として血液検査を行い、血糖値の測定を行うことによって診断されます。
大人の糖尿病と同じく、遺伝、肥満、食習慣の乱れなどが発症リスクとなりますが、子どもの糖尿病の方が、遺伝要素が強いと言われています。
また、大人の糖尿病の場合、血糖値を下げるインスリンの分泌能力が低下していることが多いのに対し、子どもの糖尿病の場合はインスリンの分泌能力は衰えていないものの、インスリンの効きが悪くなっている(インスリン抵抗性が強い)場合が多いのも特徴です。

治療や予防方法は?

基本的な治療は、食事・運動・薬物療法と、大人と同じです。
しかし、食事療法においては子どもの場合成長をしているため、肥満をしていても摂取カロリーを極度に制限することはありません。
1日の摂取カロリーや栄養素のバランスは、医師とよく相談するようにしましょう。

また肥満にならないよう、次のような食習慣には注意する必要があります。

<肥満に要注意!気を付けたい子どもの食習慣>

  • 清涼飲料水を毎日飲む
  • バターやマヨネーズを多量に使う
  • 菓子パンやお菓子類の間食が多い
  • 夜食を食べる
  • 早食いをする(よく噛んで食べない)
  • 一人で食事をする(大人が見ていないところでも食事をしている)

また治療としても予防としても、普段から外で遊ぶ習慣をつけたり、体を動かす習慣をつけましょう。
毎日30分以上の運動が目標です。
血糖値を下げる薬などが処方された場合には、医師の指示に従い、飲み方や飲む時間など、大人がしっかりと管理するようにしましょう。

子どもの糖尿病治療は両親、家族にかかっている。規則正しい生活を

子どもが2型糖尿病と診断されても、特に何か症状が出ているということは少ないもの。だからと言って放っておくと、将来合併症などを起こすリスクはぐんと上がってしまいます。
心身ともに成長過程にあり、判断能力がまだ高くない子どもは、食事や運動など両親や家族がしっかりと見守ってあげることが大切です。

また、子どもは生活習慣も両親の姿を見て真似をします。
早寝・早起き、栄養バランスのとれた食事、適度な運動など、家族全員で規則正しい生活を送っていきましょう。

参照・参考
大人だけの病気ではない、糖尿病は子供でもかかる可能性がある | 糖尿病症状セルフチェック.com
子どものメタボリックシンドロームが増えている | e-ヘルスネット 情報提供
小児の生活習慣と健康 – 富山スタディ

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変