生活習慣で予防

意外と高い飲み物のカロリー。運動で消費するには?

普段食べ物のカロリーは気を付けていても、飲み物のカロリーに気を付けている人は少ないのではないでしょうか。


しかし、砂糖やミルクなしのブラックコーヒーにもカロリーはありますし、健康に良さそうな100%果汁のジュースや、クリームやシロップがたっぷり入ったコーヒーショップの飲み物などは思いのほかカロリーが高いものです。
特に糖尿病の食事療法中の方は甘い飲み物は血糖値を上げやすいので、飲む場合には、できるだけカロリーの低い飲み物を選んだり、一緒に食べるおやつをやめたり、他の食事の量を調整することが必要です。


また、これらのカロリーを運動で消費するのはどんな運動をどのくらいの時間行えば良いのでしょうか。
今回は、コーヒーショップやコンビニなどで買える人気の飲み物のカロリーをチェックして、運動による消費について考えてみたいと思います。


人気の飲み物のカロリーをチェック!

ファストフード店やコーヒーショップから、自動販売機やコンビニで買える商品まで、人気の飲み物のカロリーを比べてみました。
何の気なしにカロリーの高い飲み物を1日に何杯か飲んでしまっている人は要注意です。
   
 
 
 
 
 
店名商品名 カロリー
マクドナルド プレミアムローストコーヒー(M) 12 kcal
マックシェイク バニラ(M) 323 kcal
スターバックス キャラメル フラペチーノ(Short/ミルク) 274 kcal
ソイ ラテ 145 kcal
ココア(Short/ミルク) 243 kcal
チャイ ティー ラテ(Short/ミルク) 121 kcal
(缶コーヒー) ジョージア エメラルドマウンテン ブラック(無糖) 0kcal ※100gあたり
ダイドー(DyDo) デミタスコーヒー 37 kcal ※100gあたり
サントリー BOSSボスカフェオレ 44 kcal ※100gあたり
(清涼飲料水) コカ・コーラ 225 kcal ※500ml
コカ・コーラ ファンタグレープ 230 kcal ※500ml
コカ・コーラ カナダドライ ジンジャーエール 175 kcal ※500ml
コカ・コーラ アクエリアス 95 kcal ※500ml
コカ・コーラ い・ろ・は・す みかん 94 kcal ※555ml
キリン 午後の紅茶 あたたかいミルクティー 147 kcal ※350ml
サントリー リプトン マスターズブレンドリモーネ 135 kcal ※500ml
サントリー なっちゃん オレンジ 220 kcal ※500ml
サッポロ がぶ飲み メロンクリームソーダ 240 kcal ※500ml
カゴメ 野菜生活100オリジナル 67 kcal ※200ml
カゴメ アップルジュース100 97 kcal ※200ml
ミニッツメイド 朝の健康果実 オレンジ・ブレンド 137 kcal ※280ml
紀文 調製豆乳 117 kcal ※200ml
ファミリーマート 紅茶薫るタピオカミルクティー 97 kcal ※255ml
グリコ ドロリッチ ホイップクリーム in カフェゼリー 209 kcal ※220ml

摂り過ぎたカロリーを運動で消費するには?

摂り過ぎてしまったカロリーを運動で消費するのは簡単なことではありません。
厚生労働省が発表している運動強度「メッツ(Mets)」に基づいた、運動によるおよそのカロリー消費量は以下の通りです。カロリーが高い飲み物1杯を消費するにもかなりの運動量が必要なことが分かるかと思います。


【メッツを用いた消費カロリーの計算方法】
消費カロリー(kcal) = メッツ × 時間(h)× 体重(kg)× 1.05


○体重60kgの人が、30分運動した場合の消費カロリー目安
ジュース表

コーヒーショップではトッピングに注意。カロリーオフの飲み物もうまく利用しよう

コーヒーショップなどではサイズやトッピングなどを自由に選ぶことができます。
カロリーが高めの飲み物を飲むときには、小さいサイズを選ぶよう心がけましょう。
またクリームやシロップなどのトッピングのカロリーも侮れないので注意が必要です。


また最近では、清涼飲料水はカロリーオフ、カロリーゼロのものが多く販売されています。
まず飲み物のカロリーをチェックする習慣を付け、そういったカロリーオフの飲み物もうまく利用していくと良いでしょう。


参考:http://www.mcdonalds.co.jp/quality/allergy_Nutrition/nutrient2.php?id=3

http://www.starbucks.co.jp/assets/images/web2/images/allergy/pdf/allergen-beverage.pdf

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

夜型の生活は要注意! 睡眠と糖尿病の関係

糖尿病というと遺伝、食事、運動不足などの原因を思い浮かべる人も多いかもしれません。 しかし、実は睡眠不足も大きな誘因のひとつなのです。すでに糖尿病を発症しているならばなおのこと、夜型生活はおすす ...

「糖尿病リスクスコア」を活用して、早期介入で発症予防

病気の早期発見や、生活習慣の見直しのきっかけ作りに欠かせない健康診断。 その結果を元に、糖尿病発症が予測できるシステム「糖尿病リスクスコア」が開発されました。 今回はこの「糖尿病リスクスコ ...

平均寿命日本一は長野県!長寿の秘訣とは?

日本一の長寿県はどこなのか、ご存知ですか? 平成22年度の厚生労働省調査による平均寿命第一は、男女ともに「長野県」でした。近年、平均寿命ランキングの上位を保つ長野県の、健康長寿の取り組みに、注目が集 ...

時間が無くても大丈夫!通勤中の「ながら運動」で運動習慣

糖尿病の予防と治療に大切な運動。 毎日15分と意気込んで始めても、「忙しくて時間がとれない」、「そもそも運動が苦手」など、なかなか続かない方も多いのでは? そんな方におすすめしたいのが、通勤や買い ...

糖尿病患者さんが知りたい!ウォーキングの効果って?

健康維持に大きな効果をもつウォーキング。 糖尿病患者さんの運動療法にも取り入れられ、肥満や高血圧、糖尿病などの予防・改善の効果があることが研究結果によってわかっています。 今回はその内容につい ...

週末の「寝だめ」が糖尿病予防につながる?

日常生活が忙しいと、なかなか十分に時間がとれないのが「睡眠」です。平日に不足した分を週末で補うため、休日は「寝る日」と決めている人もいるかもしれません。 この、週末にまとめて寝る、いわゆる「寝だめ」 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP