食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】これでストップ!糖尿病にならないための生活習慣

血糖値を下げる効率の良い運動で糖尿病予防

次は運動についてです。
運動をすることで血液中のブドウ糖を消費し、血糖値を下げることができます。
適度な運動は糖尿病の予防以外にも健康に役立ちます。

とはいっても、今まで運動習慣がなかった人にとってはなかなか大変なものです。
そこでまずは、エスカレーターやエレベーターの利用は控えて階段を利用したり、通勤時の電車やバスはひと駅分歩くなどしたり、今までの生活の中に徐々に組み込むと運動を取り入れやすくなります。
継続していくことが大切なため、最初は15~30分程度の軽い運動から始めてみましょう。

また、血糖値の上昇は食後1時間ほどがピークなので、食後30~60分後に運動をはじめると効果的です。
雑巾がけの掃除や犬の散歩をするなど、今まで行っていたことを食後の時間帯にするのもおすすめです。

食事と運動の工夫のコツを知り、改善することで糖尿病になりにくい身体を作る

生活習慣病の一つである糖尿病の予防の基本は、毎日の食事と運動です。
糖尿病予備群と言われた時点で、糖尿病にならないよう生活習慣の見直しを始めましょう。

糖尿病は進行すると厳格な食事制限が必要になったり、薬の服用もしなければならなくなることもあります。
これまでの生活習慣を改めるのは、最初は少し大変かもしれませんが、毎日少しずつの心がけで糖尿病の予防を図っていくことができます。

規則正しくバランスの良い食事を心がけ、継続的な運動の習慣を生活の中に取り入れていくことで、糖尿病を予防しましょう。

1 2 3

BannerBanner
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner