糖尿病の基礎知識

朝食を抜くと、糖尿病リスクが高まるって本当!?

平成25年の国民健康栄養調査によると、男性の14.4%、女性の9.8%が習慣的に朝食を食べていない、 ということが分かっています。

「朝食を抜くと体に良くない」ということはよく知られていますが、朝食を食べないことで2型糖尿病のリスクも上がってしまうということが最近の研究で分かってきました。
一体それはなぜなのでしょうか。

今回は、朝食と2型糖尿病の関係について見ていきましょう。


朝食を抜くと、昼食後の血糖値が急上昇 。2型糖尿病のリスクが高まるワケ

英語で朝食は「Breakfast(ブレックファスト)」、つまり、断食(fast)を破る(Break)ことを意味します。朝食は、前日の夕食から時間が空いて軽い飢餓状態からのエネルギー補給を意味する大切な食事です。

朝食を食べずに長い飢餓状態を続けると、体は低血糖状態となり、血糖値を上げる作用のあるインスリン拮抗ホルモンが分泌されます。

そして、この状態から昼食を摂ると血糖値は急上昇。体は血糖値を下げようと今度はインスリンを必要以上に大量に分泌するよう働きます。そうするとインスリンを分泌する、すい臓に負担がかかることなどによって、2型糖尿病リスクを上げてしまうのです。

また朝食を抜くことで、エネルギーを溜めこみやすい体になるため肥満を招きやすく、このことも2型糖尿病リスクを上げることに関わっていると考えられています。


2型糖尿病患者さんは、朝食抜き、深夜の食事をしている人が多い

また一方で、全日本民主医療機関連合会(民医連)による糖尿病患者さんの食生活調査では、2型糖尿病患者さんは、そうでない人に比べて、朝食を抜いている人が多いという結果が報告されています。

また、糖尿病患者さんでBMIが高い人、つまり肥満傾向の人は夜10時以降の深夜に食事をしている人が多いことも同調査で分かっています。糖尿病患者さんの肥満は、インスリンの効きが悪くなる(インスリン抵抗性)など治療の妨げになってしまいます。


朝食はしっかり食べる。糖尿病患者さんのおすすめの朝食「低GI食品」

糖尿病患者さんもそうでない方も、日々の食事は朝食を抜くことなく、3食バランス良く食べることが重要です。そうすることで血糖値の乱高下を防ぎ、ひいては糖尿病の予防や治療にもつながります。


<糖尿病患者さんの朝食におすすめ。低GI食品>

同じカロリーの食品を食べても、血糖値を上げづらい低GI食品

一例としては、白米より玄米、食パンよりもライ麦パン、といったように穀物で言えば精製されていないほうが低GI食品になります。またどんな食品が高GI/低GIなのか、自分がよく食べる食品については、おおかた把握しておくと良いかもしれません。

下記サイトに、低GI食品の一覧や朝食の献立例が載っているのでご参考ください。


◎低GI食品一覧
http://club.panasonic.jp/diet/calorie_control/gi/foodlist.html


◎低GI教室 朝食献立例
http://www.tei-gi.jp/kondate/choshokurei.html



毎日の朝食をしっかり食べて、健康的な生活を送りましょう。

一覧に戻る

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」
Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP