散歩で気分転換&運動不足を解消!世田谷区の散歩コースを紹介

糖尿病の予防や治療には、毎日の継続的な運動が大切です。
1日20~30分程度、無理のない範囲で運動を続けていくことで、血糖値を下げたり、高血圧や肥満を改善・予防したりなど、糖尿病治療の助けとなります。
また運動することで爽快感を得て気分をリフレッシュすることができ、ストレス解消などにも役立ちます。

運動にはさまざまありますが、最も簡単で、用具などの必要もなくおすすめなのがウォーキング。
自然や街並みを感じながらの散歩であれば、運動を日々の楽しみとして続けることができます。
東京はビルが密集していて散歩には向いていないイメージがある方もいるかもしれませんが、実は東京にも緑豊かで散歩にうってつけの場所も多いものです。
今回は、世田谷区の散歩コースを取り上げて紹介していきます。

世田谷区ってどんな区?

世田谷区は、東京23区の西部に位置し、都心からは少し離れた場所にあります。
成城や田園調布など高級住宅街のイメージのある区ですが、面積が広く、「シモキタ(下北沢)」「三茶(三軒茶屋)」「ニコタマ(二子玉川)」など活発な商店街を有する区でもあります。
オフィスよりも住宅が多く、人口も23区の中で最多です。(2014年現在)

世田谷区スポーツ振興財団による「多摩川ウォーク」(http://www.se-sports.or.jp/walk2014/)など、区を上げての健康づくりも盛んです。
にこたま

世田谷区のオススメ散歩コースを紹介!

数ある散歩コースの中から、今回は、二子玉川周辺の散歩コースを「二子玉くんお散歩!」(http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_cource.htm)からご紹介します。
東急田園都市線の二子玉川駅から桜新町までの約7.5km、のんびり3時間程度のオススメ散歩コースです。

◎「砧周遊:森と芸術をめぐる」散歩コース
 全長:7.5km  所要時間:3時間~  スポット:9か所
 
・東急田園都市線 二子玉川駅
にこたま2
(画像出典:http://seesaawiki.jp/w/ekiwiki/d/%C6%F3%BB%D2%B6%CC%C0%EE%B1%D8) 

  ↓
・玉川大師

地下霊場で四国八十八ヶ所のご本尊があり、石造をはじめ、約300体の仏像・壁画があります。
東京にいながらお遍路巡りをすることができます。

にこたま3 
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_temple_tamagawadaishi.htm)

 ↓
・瀬田フラワーランド

バラのアーチ、菊の圃場、ふれあい花壇など、趣向を凝らした15の創作花壇を、季節ごとに楽しむことができます。

にこたま4
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_sansakuro_flowerland.htm)  

 ↓
・砧公園
にこたま5 
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_park_kinuta.htm)

とても広い公園で、敷地内には小さな野球場とサッカー広場があります。
植物や野鳥散策にもうってつけ。週末には多くの家族連れが訪れます。

 ↓
・世田谷美術館
にこたま7
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_museum_setagaya.htm)    

近・現代美術を中心に、素朴派と呼ばれた人々の作品が展示されています。
世田谷ゆかりの作品なども合わせて約10,000点の絵画、彫刻、工芸、版画、写真といったさまざまな分野の美術品を楽しむことができます。

 ↓
・馬事公宛
にこたま8
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_park_bajikohen.htm)   

園内で馬が飼われており、馬との触れ合いイベントも催されています。
また絵画のように美しい日本庭園で季節の花々を楽しむこともできます。

 ↓
・沼田絵本美術館
にこたま9
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_museum_numata.htm)   

海外絵本作家の原画を中心に、日本の著名作家、新人作家の作品など約150点を所蔵しています。

 ↓
・真福寺
にこたま10 
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_temple_shinfukuji.htm)

山門が朱塗りのため通称「赤門寺」とも呼ばれています。
毎年お盆の時期にはたくさんの人でにぎわいます。

 ↓
・無量寺
にこたま11 
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_temple_muryodera.htm)

イチョウの木が多い境内には静寂な雰囲気が漂っています。
住宅街の中にあり、この一角だけは緑豊かな空間となっています。

 ↓
・長谷川町子美術館
にこたま12
(画像出典:http://www.nikotama-kun.jp/fuukei_museum_hasegawa.htm) 

桜新町と言えば、「サザエさん」。作者である長谷川町子さんは40年ほどこの地に住み、絵画や美術品のコレクションを、一般開放し社会に還元することを目的に、1985年に開館した美術館です。

 ↓
・桜新町駅
にこたま13 
(画像出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E6%96%B0%E7%94%BA%E9%A7%85)
 

広い世田谷。お気に入りの散歩コースを見つけよう

世田谷区は広いので、散歩コースもたくさん存在します。
自然に触れる、バードウォッチングをする、美術館を巡る、など自分でテーマを決めて散歩コースを作っても良いですね。
実際に歩いてみて、自分のお気に入りの散歩コースを見つけてください。

※世田谷区の「砧地域健康づくりウォーキングマップ」では、いろいろな散歩コースの地図がダウンロードできます。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/623/d00129871.html

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変