食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病の食事療法中でもスイーツを楽しむ!1個80kcal以内のスイーツ特集!

糖尿病の食事療法中においては、確かに甘いものの食べ過ぎは血糖コントロールを乱してしまうため良くありません。
かと言って甘いもの好きの方には、スイーツ厳禁!としてすべての甘いものを断ってしまうとストレスが溜まってしまうこともあると思います。
またストレスは血糖値を上げてしまうため、ストレスを溜めないように上手に食事療法を行っていくことが大切です。

糖尿病患者さんのスイーツ(間食)は、1日1単位(=80kcal)を目安に!

食事療法中の方がスイーツ(間食)を食べる場合は、1日1単位(=80kcal)を目安にして、朝・昼・晩の食事を調整しましょう。

1単位は、スイーツではどのくらいの量になるのか、種類もさまざまなので一概に把握することは難しいものです。
カロリー表記を確かめて80kcal分だけを食べることもできますが、残すのがもったいなくてつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。
そういったことを防ぐために、できれば1個80kcal以内で食べきることができると、丸ごと食べられる満足感もあってgoodです。

ここでは、コンビニなどで買える、1個(個装)あたり80kcal以内で食べられるスイーツやお菓子を紹介します。

江崎グリコの「カロリーコントロールアイス」

あいす
http://www.glico.co.jp/ice/ice/cc_ice/index.html

グリコが管理栄養士と開発した人気のアイスシリーズです。
大きさや食べごたえなども大満足で、どのアイスも1個80kcalです。
カップアイスとアイスモナカがあり、それぞれチョコやバニラ、抹茶などの味を選ぶことができます。

また食物繊維が1個あたり6g以上と、非常にたくさん入っているので、糖尿病の食事療法中の方にはうってつけのおやつと言えそうです。

江崎グリコの「とろ~りクリーム on プリン/カフェゼリー < 80kcal >」

プリン
https://www.glico-dairy.co.jp/product/product_sub.php?pcd=176840c

こちらも江崎グリコのカロリーコントロール商品。
濃厚なプリンが80kcalと驚きの低カロリーで楽しめます。
同じシリーズで、80kcalの「カフェゼリー」(コーヒーゼリー)もあります。

ロッテの「コアラのマーチ」の小袋

SH0892_1
http://www.lotte.co.jp/products/brand/koala/products/index.html

通常サイズの箱ではカロリーオーバーになってしまいますが、食べきりサイズの小袋(13g)であれば 70kcalです。
チョコレート好きには嬉しいですね。

岩塚製菓の「ライスすたいる」

ライス
http://www.iwatsukaseika.co.jp/ricestyle/

お米とおからからできているクラッカーです。
1個装あたり、約50kcalと低カロリーにも関わらず、クラッカーなので食べごたえもあります。
レーズン&ココナッツの他に、トマト&バジル、ほうれんそう&黒ごまの味があります。

ジョージアの「エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ砂糖不使用」

4902102095822_L
http://www.georgia.jp/product/emerald_white.html

甘いドリンクは意外にもカロリーが高いので本来ならば控えるべきですが、このカフェオレは1本(410ml)あたり73.8kcal。
甘さ控えめですが、ミルクのコクでしっかり満足できる味わいです。

栗山米菓の「間食健美」

間食
http://www.kuriyama-beika.co.jp/?p=21756

社員食堂などで有名になったタニタ食堂が監修して作った「間食健美」シリーズ。
1個装あたり60~70kcalで、噛みごたえがあって満足感のあるおやつです。

サンスター健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

うまくつきあうショコラ
http://www.sunstar-tuhan.com/products/detail.php?product_id=192

砂糖・乳成分不使用で、一般的なミルクチョコレートよりもカロリーと脂質を約25%カットしたショコラです。
1箱(4本)あたり80kcalとカロリーコントロールにも便利。
ビターチョコレートのような味わいで、大豆クランチの食感も楽しめ、食べごたえ十分なおやつです。

ゼロキロカロリー商品なども上手く利用して、上手に食事療法

いかがでしたか?
通常のお菓子では、80kcalだと食べられる量はほんの少しという場合もありますが、カロリーコントロールされたものや砂糖を使っていないものを選べば低カロリーで満足感のあるスイーツを楽しむことができます。
また、ついつい食べ過ぎてしまうことを防ぐために、1個装で80kcal以内のものを選ぶことも賢い方法です。

また最近では、「ゼロキロカロリー」のゼリーや甘いドリンクなども多く販売されているので、そういったものを取り入れるのも良いでしょう。
ただ、「ゼロキロカロリー」の商品はまったくカロリーがないわけではありません。
カロリーの表示方法なども理解した上で選ぶようにしたいところです。

糖尿病の食事療法中ではスイーツは絶対 NG!と縛らずに、スイーツ欲も程よく満たして、上手く食事療法を続けていきましょう。

参照・参考
簡単&おいしい! 楽うま糖尿病レシピ ちょっと小腹が空いたとき、糖尿病患者さんにもぴったりのおやつの選び方

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner