糖尿病患者さんがうつ病になりやすいってウソ!?本当!?

うつ病といえば、誰にでもかかる可能性はゼロではない病気。

糖尿病の患者さんは、血糖コントロールがよくないと憂鬱になったり、不安症やうつ病になりやすいといわれています。
その原因はインスリン抵抗性にあるとのこと。

こうしたうつ病や不安症の症状は、なぜ糖尿病患者さんに出やすいのでしょうか?
世界でもっとも高い評価を得ている糖尿病診療機関がその調査を行ったところ、ある事実が明らかになりました。

不安症やうつ病は若いうちは症状が出ない?
うつ病だけでなく、アルツハイマー病も関係が??

気になる研究結果は、続きを読むからご覧ください。

続きを読む

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変