【医師監修】糖尿病患者さんの深刻なリスク。足病変に備えるフットケアの方法とは

糖尿病患者さんは足病変に要注意

糖尿病患者さんの足に起こるトラブルのことを「糖尿病足病変」と呼びます。具体的な例をあげると、水虫や細菌の感染、タコ、足の変形といった症状が該当します。

糖尿病患者さんは動脈硬化の影響で足の血流が悪くなります。さらに神経障害を合併している影響で足の感覚が鈍って、痛みを感じにくくなっています。そのため、足病変に気がつくまでに時間がかかり、重篤な状態になって初めて気がつく場合もあります。他にも、高血糖は抵抗力の低下を招くため、この影響で細菌に感染しやすくなってしまいます。

足病変が深刻になると、「壊疽」が生じて足の組織が死んでしまうかもしれません。こうした問題を防ぐためには、できる限り早い段階で足病変を発見し、防ぐことが大切です。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変