運動で治療と予防

【PR】1日1万歩を目指そう!ウォーキングプロジェクトの取り組み

サンスター社では、『糖尿病とうまくつきあう』というサイトで、糖尿病患者さんのためのあらゆる情報発信を行っています。
その中の一環として行われたプロジェクト、「Good Walking Project(以下、GWP)~みんなで歩いて陸前高田に桜の苗木を贈ろう~」。

東日本大震災の被災地に桜の苗木を贈るとともに、糖尿病患者さんの運動療法を応援することを目的として昨年始まりました。
プロジェクト参加者に日々の運動としてウォーキングを行ってもらい、その歩数をweb上から登録。5,000,000歩につき、1本の桜が贈られるというしくみです。

GWP1

期間:2014年10月30日から2015年2月6日(100日間)
参加者:62名
累計歩数:12,298,749歩
参加者の期間中の累計歩数は、12,298,749歩。歩数繰上げによって、今回3本の桜の苗木が陸前高田に贈られることになりました。

GWP2

GWP3

◎サンスター『糖尿病とうまくつきあう』サイトの活動
みんなで歩いて陸前高田に桜の苗木を贈ろう
http://jp.sunstar.com/company/press/2015/0305_2.html

ウォーキングは、1日1万歩が目標!

日常的に適度な運動をすることは、糖尿病患者さんに限らず、生活習慣病の予防や健康維持に大切です。
しかしながら、厚生労働省の調べによると、日頃から健康のために意識的に運動している人は成人全体の5割程度。
より意識的に日々の運動を増やすことが必要と言われています。

運動の中でも、ウォーキングは効果的な有酸素運動で、気軽に取り組むことができるためおすすめ。
厚生労働省が掲げている目標は、1日1万歩。
運動による1日の消費カロリー目標は300kcal程度で、300kcalを消費するにはおよそ1万歩の運動量が必要というわけです。

その他にもウォーキングにはさまざまな健康効果が期待できます。

◆ウォーキングの健康効果

  • 動脈硬化の予防につながる
    (「糖尿病ニュース」https://jp.diabetes.sunstar.com/basics/20150209.html
  • 高血圧、脂質異常症の改善が見込める
  • 食後にウォーキングを行うことで、食後高血糖が防げる
  • エネルギーを消費するので、肥満を予防・解消効果が期待できる
  • インスリンの効きを良くする(インスリン抵抗性の改善)
  • 筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、太りにくい体になる
  • 心肺機能が上がり、体力がつく
  • 気分のリフレッシュができ、ストレス発散できる       など

日々継続していくことが大切!

ウォーキングは歩くだけといっても、日々の生活の中で継続的にやっていくことは、特にそれまで運動習慣のなかった人にとってはなかなか難しいものです。
家族や友人と一緒に歩いたり、GWPのような目的を掲げてみんなで結果を共有できると、運動のモチベーションも継続していくことができますね。

これからの春の季節は、桜を見ながらのウォーキングなども良いですね。
季節を感じながら1万歩を目指してウォーキングに出かけましょう。

サンスター社の取り組みと果たす役割

今回はサンスター社から参加者の皆様への感謝の気持ちと、次回プロジェクトに対してのコメントをいただきました。


10月下旬からスタートした本プロジェクトは、前回のウォーキング企画の3倍ほどの期間で約2倍の参加者に約4倍の累計歩数を投稿していただきました。
その結果、東北に桜の苗木3本をお届けすることになりました。
ご協力いただいたプロジェクトメンバーの皆さん本当にありがとうございました。
参加いただいた方からは本プロジェクトが「自分たちの血糖コントロールに役立った」、「体重が落ちた」、「気分が良くなった」など、とても嬉しいお言葉をたくさんいただきました。また、今回ご協力いただいた「桜ライン311」様からも心温まるお言葉を頂戴しました。

「糖尿病という病気を抱えながら、寒い時期にもかかわらず、東北復興のために歩いていただきスタッフ一同感謝のキモチでいっぱいです。」(桜ライン311)


今後もこのような取り組みを継続して行うことでより多くの糖尿病患者の血糖コントロールの改善にお役立ていただきながら、会員の皆さんと共により良い社会を作っていくことに貢献していきたいと考えています。


「糖尿病とうまくつきあう」サイトでは、今後もウォーキングプロジェクトを継続して実施していく予定です。
宜しければ会員登録していただきますと、いち早く次回のウォーキングイベントへのご案内をさせていただきます。
ご興味のある方は是非会員登録(無料) の方宜しくお願いします。

あなたもGWPへ参加してみよう!

今回の桜の苗木を贈る企画は終了しましたが、サンスター社では、今後もGWPの企画を継続して行っていくとのことです。
参加する場合は、会員登録が必要。下のURLからアクセスして進んでください。
会員になると、いち早くGWPの情報が入手できるほか、糖尿病に関するさまざまな情報を数多く得ることができたり、会員同士での情報交換、糖尿病食レシピのメモ機能が使えるなど、たくさんのメリットがあります。

◎自分を変える、未来を変える Good Walking Project

GWPの紹介:http://digest.beach.jp/umakutsukiau/walking/
会員登録特典:https://jp.diabetes.sunstar.com/myroom/top

糖尿病の予防や治療は、日々の生活習慣にかかっています。
ウォーキングをうまく日常生活の一部として取り入れて、楽しみながら1日1万歩を目指しましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

組み合わせで相乗効果? 緑茶と運動について

日本人に馴染み深く、さまざまな健康効果も期待される緑茶。 今回は緑茶が血糖値に与える影響と、その効果を高める方法をご紹介します。 緑茶を飲むと血糖値が低下する 糖尿病患者さんの治 ...

音楽で自律神経をコントロール? 音楽で運動効果を高めよう

スポーツクラブなどでBGMが流れていると「気持ちよく運動できた」と思うこと、ありませんか? じつは、音楽には運動の効果を高める機能があるといわれています。それは音楽と自律神経の関係に由来しています。 ...

これだけで良いの?運動を毎日の習慣にする7つの方法

運動を習慣づけることは、糖尿病の患者さんにとって、運動療法の継続につながります。 また、糖尿病でない人も、メタボ予防や健康寿命を延ばすために、運動を習慣づけたいものです。 どうしたら無理をせずに運 ...

運動不足によってもたらされる筋肉量低下が糖尿病に及ぼす影響とは?

糖尿病患者さんにとって、運動療法は糖尿病の治療の基本の一つです。 しかし、季節によっては屋外での運動が続けにくいケースがあります。 今回は、運動不足がもたらす体への影響と、自宅でもできる簡単な ...

短い時間でも大丈夫?「高強度インターバルトレーニング」とは

糖尿病患者さんの運動療法といえば、運動強度が中程度の有酸素運動が効果的といわれています。 とはいえ、仕事をしているとなかなか運動する時間が取れないものですよね。しかし最近、短時間でも効果を期待できる ...

脈拍を計測して効果的な運動療法を!~ウェアラブル機器~

ウェアラブル機器をご存知でしょうか。メガネや腕時計のように身につける電子機器で、写真撮影やカロリー計測などができることから人気が集まっています。 現在は一般消費者向けですが、今後は医療用として糖尿病 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP