食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

フラフープ・エクササイズでポッコリお腹を解消!

糖尿病をはじめとする生活習慣病の改善には、運動が有効な手段の一つとなります。

そこで運動が苦手、運動する時間があまり取れないという人にもおすすめの部屋でテレビを見ながらでもできるフラフープを使ったエクササイズをご紹介します。

フラフープの効果

フラフープは子供の頃に誰しも一度は遊んだことのある遊具ではないでしょうか。
最近、メディアや雑誌で「フラフープはダイエットに良い」と話題になり、若い女性から生活習慣病の人まで幅広い世代にフラフープが人気です。

フラフープは腰をつかって360度グルグルと回す手軽な運動なので、家の中などの狭いスペースでも場所をとらずに、テレビを見ながらでもできるというメリットがあります。
ハードな運動とは違い、体に負担をかけずに、有酸素運動によって脂肪を燃焼することができます。

ただし、フラフープは、全体的に体の脂肪を落とすというよりは、骨盤やお腹周りの普段使っていない筋肉(インナーマッスル)を使う運動です。
お腹周りの脂肪をスッキリと落とす効果に期待できるエクササイズになります。

フラフープ・エクササイズの方法

フラフープの効果をアップさせるには、正しい方法で実践することがポイントです。
それでは、フラフープ・エクササイズの方法を詳しくご紹介しましょう。

1. まずフラフープの中に体を入れます。
2. フラフープを回す方向の足を半歩前に出します。
3. 力を前後に移しながら腹筋を使って押し出します。
4. 勢いをつけてお腹を前後に動かしてフラフープを回します。

この方法で、まずは10秒継続して回せるようにしましょう。
フラフープが水平になるように、正しい姿勢で行うのがお腹の引き締めに効くコツです。
慣れてきたら5分、10分間と伸ばしていきましょう。

フラフープ・エクササイズ10分で、およそ100キロカロリー を消費することができ、水泳やランニングと同程度の効果があるとされています。
フラフープは、慣れるまでは筋肉痛になることもありますし、長時間すると意外と疲れますので、自分のペースで続けるようにしましょう。

さらに進化!高機能のフラフープを紹介

フラフープは、遊具としてだけでなく、スポーツとしてフラフープダンスなどの幅広い分野で使われています。
そこでフラフープ・エクササイズの効果をさらに高めるおすすめのフラフープをご紹介します。

•スポーツフープ「ウェーブフラフープ・シリーズ」

http://www.sports-hoop.com/brand/jp/

フラフープの内側に凹凸がついているのでお腹の筋肉を刺激し、脂肪を燃焼させます。

•ファンキーフラ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/rasta/xx00-1114.html

水を入れることで遠心力を生み出した新発想のフラフープ。
通常のフラフープよりよく回るため、体脂肪の燃焼に期待できます。

•コイル式

http://www.sports-hoop.com/brand/jp/

普通のフラフープよりも腰にグイグイ巻き付いて筋肉を刺激し、運動量をアップさせるタイプのフラフープです。
エキスパンダーとしてウェイトトレーニングやストレッチにも使える多用性のあるグッズです。

これらの高機能フラフープは、ジョイント式(組み立て式)でコンパクトに片付けられるので、収納場所もとらず、持ち運びが便利なのも特徴です。

フラフープ・エクササイズと食事療法を併用

フラフープ・エクササイズは、水泳やジョギングと同程度の運動効果があるものの、お腹周りに特化したエクササイズです。
ですので、全身を引き締めるには、やはりウォーキングやジョギング、水泳なども無理のない範囲で取り入れていく方が良いでしょう。

また、運動だけでは糖尿病や生活習慣病の改善には不十分です。
必ず食事療法も取り入れてケアしていくことが大切です。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner