運動で治療と予防

夏といえば海!海でできる運動と都内近郊の海情報

暑い夏がやってきました。夏のお出かけスポットの代表格といえば、やはり「海」ではないでしょうか?


海での楽しみ方は、海辺でゆっくりくつろぐリラックス派、ガンガン海で泳いだり、浜辺でビーチバレーを楽しむアクティブ派、はたまた、貝ひろいや魚釣りのアウトドア派と海での過ごし方は人それぞれですよね。
そこで、今回は糖尿病患者さんが海に出かけたときに、遊びつつも運動になる、エクササイズをご紹介しましょう。



海でできるスポーツ①

ビーチバレー

ビニールボールひとつあれば、家族やグループで盛り上がること間違いなしのビーチバレー。
複数の仲間と楽しめる上に、通常のバレーボールと違い、砂の上で行うので足腰の筋肉を使うので、楽しみながら筋トレできるのが魅力です。
ビーチバレーをする際の注意点は、直射日光を見ないようにサングラスを付ける、帽子をかぶり熱中症を避けることです。


海でできるスポーツ②

海気浴(ウォーキング)

波の音を聞きながら砂浜を歩くだけでもよい運動となります。
砂地は草地同様着地の衝撃を吸収し膝への負担が軽い上、足を上げる時には砂の重さによって負荷がかかり、筋力トレーニングにも効果的です。


足元が不安定で危険を感じる方にはノルディックウォーキングと呼ばれる、2本のステッキ(ポール)を使ったウォーキングもおすすめ。
人の多い日中や、砂が昼間の熱を含んだ夕方は極力避け、早朝や午前中におこなうのがポイントです。



2014都内から日帰りでいける海情報

梅雨が明けいよいよ夏本番。今年おすすめの海水浴スポットをご紹介しましょう。


1) 海の公園

25_ia_img1
(画像出典:http://www.hitachihome.co.jp/ia/%B2%A3%C9%CD%BB%D4%B6%E2%C2%F4%B6%E8/ar_25.html)
 

八景島の目の前にある海の公園は、横浜市内では唯一海水浴場のある公園です。
公園内には潮干狩りのできるスポットや、サッカー場のあるなぎさ広場、バーベキュー場、ボードセーリング艇庫など様々なアクティビティーが用意されています。


アドレス:神奈川県横浜市金沢区海の公園
電話番号:045-701-3450
アクセス
電車:京急金沢八景駅からシーサイドライン海の公園駅下車すぐ
車:横浜横須賀道路並木ICより2㎞


2) 御宿中央海水浴場:おんじゅくちゅうおうかいすうよくじょう

photo400
(画像出典:http://www.onjuku-kankou.com/event/kaisuiyoku.html)

 

美しい景観が魅力の御宿中央海水浴場。
ウォータースライダーが人気の町営プール「御宿ウォーターパーク」も近く、家族で楽しむ事のできる海水浴場です。


アドレス:千葉県夷隅郡御宿町須賀
電話番号: 0470-68-2513
アクセス
電車:JR外房線御宿駅から徒歩7分
車:館山道市原ICから国道297号経由で約70分
駐車場料金: 1日1000円/315台


3) 東京都江戸川区の葛西海浜公園の海岸「西なぎさ」

kasaikaihin
(画像出典:http://itmama.jp/2014/07/24/63995/)
 

23区内の東京湾で海水浴場が復活するのはまさに51年ぶりということもあり、首都圏でこの夏一番の注目海水浴スポットです。


アドレス:東京都江戸川区臨海町6丁目先
電話番号: TEL 03-5696-4741葛西海浜公園サービスセンター
アクセス
電車: JR京葉線「葛西臨海公園」駅下車 徒歩7分
水上バス:両国・お台場海浜公園から葛西臨海公園下船
都バス:
1. 東京メトロ東西線「西葛西駅」から西葛20乙
2. 都営地下鉄新宿線「一之江」、東京メトロ東西線「葛西」駅から臨海28甲「葛西臨海公園」下車


家族連れや恋人、友人同士で楽しく海水浴で運動療法をとりいれましょう!

海水浴にいっしょに行く、グループや親しい人と共に体を動かすことは、何よりも楽しいひと時となるはず。
この夏は是非、海に足を運んでみてはいかがでしょうか?

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

組み合わせで相乗効果? 緑茶と運動について

日本人に馴染み深く、さまざまな健康効果も期待される緑茶。 今回は緑茶が血糖値に与える影響と、その効果を高める方法をご紹介します。 緑茶を飲むと血糖値が低下する 糖尿病患者さんの治 ...

音楽で自律神経をコントロール? 音楽で運動効果を高めよう

スポーツクラブなどでBGMが流れていると「気持ちよく運動できた」と思うこと、ありませんか? じつは、音楽には運動の効果を高める機能があるといわれています。それは音楽と自律神経の関係に由来しています。 ...

これだけで良いの?運動を毎日の習慣にする7つの方法

運動を習慣づけることは、糖尿病の患者さんにとって、運動療法の継続につながります。 また、糖尿病でない人も、メタボ予防や健康寿命を延ばすために、運動を習慣づけたいものです。 どうしたら無理をせずに運 ...

運動不足によってもたらされる筋肉量低下が糖尿病に及ぼす影響とは?

糖尿病患者さんにとって、運動療法は糖尿病の治療の基本の一つです。 しかし、季節によっては屋外での運動が続けにくいケースがあります。 今回は、運動不足がもたらす体への影響と、自宅でもできる簡単な ...

短い時間でも大丈夫?「高強度インターバルトレーニング」とは

糖尿病患者さんの運動療法といえば、運動強度が中程度の有酸素運動が効果的といわれています。 とはいえ、仕事をしているとなかなか運動する時間が取れないものですよね。しかし最近、短時間でも効果を期待できる ...

脈拍を計測して効果的な運動療法を!~ウェアラブル機器~

ウェアラブル機器をご存知でしょうか。メガネや腕時計のように身につける電子機器で、写真撮影やカロリー計測などができることから人気が集まっています。 現在は一般消費者向けですが、今後は医療用として糖尿病 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP