運動で治療と予防

運動のタイミングは朝食前?朝食後?糖尿病治療のためなら、朝食後がおすすめ

糖尿病 朝食後の運動

糖尿病の治療や予防のための日常的な運動は、基本的には自分のライフスタイルに合わせていつ行っても良いのですが、血糖値を下げるには「食事をしてから1時間後」くらいが最も効果的(参考:糖尿病治療ガイド)と言われています。
食後は血糖値が上がりやすく、運動をすることによって血糖値を下げることができるためです。


また、糖尿病患者さんでは、食事前(特に朝食の前)の運動を控えた方が良い場合もあります。
その理由について見ていきましょう。


運動によって血糖値は下がる!「低血糖」には要注意

糖尿病患者さんで、食事療法によりカロリーや糖質制限を行っている方、またインスリン療法を行っている方は特に、体に蓄積されたエネルギーがなく血糖値の低い空腹時に運動を行うと「低血糖」を起こす危険性があります。


特に起き抜け、前日の夕食からも長時間経過している朝食前の運動は、血糖が下がり過ぎてしまうリスクがあるため十分な注意が必要です。


できれば、食後の血糖を下げる効果を得るためにも、食後の運動がおすすめです。


「低血糖」とは?~症状と対処法~

血糖が下がり過ぎてしまって起こる「低血糖」。
空腹時の運動以外にも、お酒を大量に飲んだ場合、インスリン療法をしている場合の過剰服用・注射、またその際の食事の中止や遅れなどによって起こるケースが多くあります。


低血糖の症状

動悸・震え・しびれ・頻脈・発汗・めまい・悪心・嘔吐・生あくび・意識レベルの低下・けいれんなどさまざまなものがあり、ひどい場合には昏睡状態に陥って死亡することもあります。


低血糖の対処法

<意識がある場合>
飴(5~10g)や清涼飲料水(150~200mL)などの簡単に口にできて砂糖(ブドウ糖)を含む食べ物で血糖を回復し、様子を見ましょう。
15分程度経っても改善しない場合にはすぐに医療機関を受診してください。


<意識がもうろうとしている場合や意識がない場合>
ブドウ糖や砂糖を唇や歯肉に塗りつけて応急処置をするほか、医師から処方された専用のブドウ糖の注射を行います。
意識障害を起こしている場合には、いち早く医療機関を受診することが大切です。


低血糖は糖尿病治療中では誰もが起こるリスクがあるので、運動や食事の注意点や、起こってしまったときの対処法など、あらかじめ医師によく指導を受けておくようにしましょう。


「ダイエットには朝食前の運動が効果的?!」も注意が必要

朝食前の空腹時に運動を行うことは、エネルギーが枯渇状態なので体内に蓄積された脂肪を燃焼させることができダイエットに効果的、といった情報を見ることがあります。
このことは確かに一理あるのですが、これまで見てきたように特に糖尿病患者さんでは低血糖の危険性があるため、朝食前の運動はおすすめできません。


また糖尿病の運動療法の一番の目的は「血糖を良好に保つこと」です。自分の体や糖尿病についてよく理解し、適切な運動を続けていきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

組み合わせで相乗効果? 緑茶と運動について

日本人に馴染み深く、さまざまな健康効果も期待される緑茶。 今回は緑茶が血糖値に与える影響と、その効果を高める方法をご紹介します。 緑茶を飲むと血糖値が低下する 糖尿病患者さんの治 ...

音楽で自律神経をコントロール? 音楽で運動効果を高めよう

スポーツクラブなどでBGMが流れていると「気持ちよく運動できた」と思うこと、ありませんか? じつは、音楽には運動の効果を高める機能があるといわれています。それは音楽と自律神経の関係に由来しています。 ...

これだけで良いの?運動を毎日の習慣にする7つの方法

運動を習慣づけることは、糖尿病の患者さんにとって、運動療法の継続につながります。 また、糖尿病でない人も、メタボ予防や健康寿命を延ばすために、運動を習慣づけたいものです。 どうしたら無理をせずに運 ...

運動不足によってもたらされる筋肉量低下が糖尿病に及ぼす影響とは?

糖尿病患者さんにとって、運動療法は糖尿病の治療の基本の一つです。 しかし、季節によっては屋外での運動が続けにくいケースがあります。 今回は、運動不足がもたらす体への影響と、自宅でもできる簡単な ...

短い時間でも大丈夫?「高強度インターバルトレーニング」とは

糖尿病患者さんの運動療法といえば、運動強度が中程度の有酸素運動が効果的といわれています。 とはいえ、仕事をしているとなかなか運動する時間が取れないものですよね。しかし最近、短時間でも効果を期待できる ...

脈拍を計測して効果的な運動療法を!~ウェアラブル機器~

ウェアラブル機器をご存知でしょうか。メガネや腕時計のように身につける電子機器で、写真撮影やカロリー計測などができることから人気が集まっています。 現在は一般消費者向けですが、今後は医療用として糖尿病 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP