運動で治療と予防

これだけはおさえておきたい!糖尿病における運動療法のポイント

糖尿病の治療の基本は食事と運動療法です。でも「いざやってみよう」と思っても具体的に何をして良いのか分からなかったり、自分のしていることが正しいのか分からなくなったりしませんか?

ここでは、糖尿病における運動療法とはどんな意味があるのかということや、具体的に効果的な運動についてご紹介します。

運動をして効率的に血糖値を下げることで、糖尿病の進行や合併症の予防ができる

糖尿病は、慢性的に血糖値が高い状態です。
この血糖値というのは、血液中の糖分であるブドウ糖の量が反映されており、ブドウ糖が多ければ多いほど血糖値は高値になります。

運動療法の1番の狙いは、運動をすることで血糖値を下げることにあります。

私たちが運動をするには、筋肉などの細胞にエネルギーが必要です。
そのエネルギー源がブドウ糖なのです。
したがって、運動をすると血液中のブドウ糖が使われて、血糖値を下げることができます。

また、運動が習慣化して肥満が解消されると、血糖値を下げる作用のあるホルモンであるインシュリンの感受性が良くなり、インシュリンの効き自体が良くなります。

運動をすることで、一時的に血糖値を下げるだけでなく、インシュリンの効きを良くして血糖をコントロールをしやすくできるのです。

また、運動は糖尿病の合併症である脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。

脳梗塞と心筋梗塞は、いずれも血管の詰まりによって起こります。
血管の詰まりは、血液がドロドロで血管が硬い状態であればあるほど起こりやすくなります。
運動をすると血液中の脂質も使われるので、中性脂肪の減少や動脈硬化の原因である悪玉コレステロールの減少にもつながり、ドロドロの血液を改善することができるのです。

運動による効果は、その他にもあります。
脂肪が燃焼し肥満が解消されることで糖尿病以外の生活習慣病を引き起こすリスクが下がったり、体力の衰えも予防したりすることができます。

運動療法は食後にすることで効率がアップ

血糖値の上昇は食後1時間ほどでピークに達します。
したがって運動は食後30分~1時間ぐらいから始めると効果的です。
運動の効果は12~72時間持続するので、運動習慣のない人はまずは1日置きから始めても良いでしょう。

血糖値を下げるためには全身運動が有効

運動療法は、ウォーキング・軽いジョギング・水泳などの全身を動かす有酸素運動が効果的です。

運動をすると筋肉のエネルギー源となってブドウ糖が使われることは先ほど説明しました。
ブドウ糖が使われるのは動かしている筋肉だけで起こります。
なので、できるだけいろいろな筋肉を使う全身運動が効果的です。
ウォーキングをするときには、しっかり腕を大きく振りながら行いましょう。

運動をする強度は、会話をしながら続けられる程度が良いでしょう。

会話ができないほどの激しい運動は、身体の中に十分に酸素を取り込むことができておらず、運動の効率が悪くなります。
脂肪の燃焼は運動してから20分後ぐらいから起こるので、それ以上続けられるようにしましょう。

今まで運動とは無縁だった人が、運動を習慣化することは大変に感じるかもしれません。
仕事をしていて時間が無いという人もいますよね。
そんな人には手軽にできるウォーキングをオススメします。
最寄り駅までバスで行っていたのを徒歩に替えたり、ひと駅分を歩いたりすることで生活の中で運動を取り入れやすいかと思います。

まずは運動を習慣化しましょう。

運動量や低血糖時の対応方法は必ず主治医に確認を!

糖尿病以外にも持病があったり合併症を起こしていたりすると、運動によりそれらを悪化させることがあります。
狭心症など心臓に病気を抱えていたり、腎不全など腎臓に病気を抱えていたりすると、運動量によっては心臓や腎臓に負担がかかってしまうのです。
運動を始める前に、運動量や内容を必ず医師と相談しましょう。


また、運動をすることで血糖値が下がりすぎて、低血糖状態になることがあります。
特に飲み薬や注射などで血糖値を下げる薬を使用している人は注意が必要です。

手が震える・冷汗が出る・ふらふらしたりめまいが起こるなどの症状が現れた時には、すぐに運動を中止し、糖分を含むジュースを飲んだり甘いものを食べたりしましょう。
食事前であれば、すぐに食事をとりましょう。
糖尿病により使用している薬によっては、ブドウ糖を服用した方が良い場合もあります。


自分に適した方法で低血糖への対処ができるように、あらかじめ医師に低血糖を起こした時の対処法を必ず確認しておいて下さい。
そして、低血糖が起こったことを医師に伝えましょう。

糖尿病の進行や合併症の予防のためには、運動を習慣化させる

運動をすることで糖尿病の進行や合併症を起こすことを予防し、また糖尿病以外の生活習慣病の予防にもなります。
ウォーキングなどの運動を定期的に行い、習慣化できるようにしましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

組み合わせで相乗効果? 緑茶と運動について

日本人に馴染み深く、さまざまな健康効果も期待される緑茶。 今回は緑茶が血糖値に与える影響と、その効果を高める方法をご紹介します。 緑茶を飲むと血糖値が低下する 糖尿病患者さんの治 ...

音楽で自律神経をコントロール? 音楽で運動効果を高めよう

スポーツクラブなどでBGMが流れていると「気持ちよく運動できた」と思うこと、ありませんか? じつは、音楽には運動の効果を高める機能があるといわれています。それは音楽と自律神経の関係に由来しています。 ...

これだけで良いの?運動を毎日の習慣にする7つの方法

運動を習慣づけることは、糖尿病の患者さんにとって、運動療法の継続につながります。 また、糖尿病でない人も、メタボ予防や健康寿命を延ばすために、運動を習慣づけたいものです。 どうしたら無理をせずに運 ...

運動不足によってもたらされる筋肉量低下が糖尿病に及ぼす影響とは?

糖尿病患者さんにとって、運動療法は糖尿病の治療の基本の一つです。 しかし、季節によっては屋外での運動が続けにくいケースがあります。 今回は、運動不足がもたらす体への影響と、自宅でもできる簡単な ...

短い時間でも大丈夫?「高強度インターバルトレーニング」とは

糖尿病患者さんの運動療法といえば、運動強度が中程度の有酸素運動が効果的といわれています。 とはいえ、仕事をしているとなかなか運動する時間が取れないものですよね。しかし最近、短時間でも効果を期待できる ...

脈拍を計測して効果的な運動療法を!~ウェアラブル機器~

ウェアラブル機器をご存知でしょうか。メガネや腕時計のように身につける電子機器で、写真撮影やカロリー計測などができることから人気が集まっています。 現在は一般消費者向けですが、今後は医療用として糖尿病 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP