食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

週末は時間をかけて体をほぐす。週末運動で体をリセット!

糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防・治療のために運動を行う場合には、できるだけ毎日(少なくとも週3日以上)1回30分以上の運動が推奨されています。
しかし、サラリーマンの方は特に平日が忙しく、なかなか思うように運動する時間も作りづらいという方も多いのではないでしょうか。時間がない平日はなるべく日常生活の中に運動を組み込んでしまい(通勤で歩く時間を増やす、階段を使うなど)、週末にはリフレッシュも兼ねて少し時間をかけて体をほぐしましょう。

週末運動のポイントは、「リラックス」と「疲労回復」

運動をすることが重荷になったり、思う以上に疲れてしまっては運動も逆効果。
ストレスは血糖値や血圧を上げる要因にもなります。
週末運動は、いかにリラックスして、普段の疲れを癒せるかがポイントです。
ゆったりとした気分で1~2時間、たっぷりと時間をかけて体をほぐすように運動しましょう。
「運動すると疲労する」と思っている方もいるかと思いますが、ゆったりと運動することによって血行が促進され、普段使わない筋肉の緊張がほぐれたり、副交感神経が適度に働いてぐっすり眠ることができ、疲労回復につながります。

週末運動のポイント

 

  • 食後30分~1時間後くらいに行う(空腹で行わない)
  • 喋りながらできるくらいの軽い強度の運動を(呼吸を止めない有酸素運動)
  • 気温や体調を十分に考慮して内容を決める
  • 水分をこまめに補給しながら行う
  • 可能であれば、森林浴など緑に触れる場所がおすすめ
  • 自分が楽しいと思える運動内容を

おすすめの週末運動

1.ウォーキング

有酸素運動の定番でもあるウォーキング。
近所を歩くのもいいですし、たまには少し遠出をして散策をしながら歩くのも面白いかもしれません。
天気が良ければ軽い登山などもおすすめ。
家族や友人を誘って、リラックスした気分で会話を楽しみながら行えば、普段できない話もできてストレス解消にもつながるでしょう。

2.ヨガ

体幹を鍛えたり、血行を良くしたり、精神を安定させることができるヨガ。
インターネットのサイトや本などを参考にしても良いですが、最初は基本的なポーズをヨガ教室などで教わるのがおすすめです。
正しい呼吸法や筋肉の使い方などをマスターすれば運動効果も上がり、あとは自分一人で好きなときに楽しむことができます。
ホットヨガやピラティスなど、いろいろと種類があるので自分に合ったものを選びましょう。

3.ゴルフ、テニス、卓球など

特定の設備や用具が必要ですが、ハマって楽しめるのが球技です。
ゲーム性もあるので運動を続ける意欲にもつながります。
ただし、慣れないことを急激に行ったり、勝負を気にし過ぎてストレスや疲れを溜めてしまっては本末転倒。
楽しみながら、頑張り過ぎないで行うことを忘れないでくださいね。

もう一つ大切なことは、継続すること

週末運動は、リラックス、疲労回復がポイントですが、もう一つ大切なことは「継続すること」です。
体を動かすことを自分の生活の一部として取り入れるには、やはり自分が「楽しめるか」どうかが重要となってきます。
続けていきたい!と思える自分に合った運動方法を見つけ、継続的に運動を行っていきましょう。

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner