運動で治療と予防

最適なシューズで楽しく運動!運動・場所に合わせてシューズを選ぼう

糖尿病の3大治療法のひとつ、運動療法。糖尿病管理と運動は切っても切れない関係です。


充実した糖尿病ライフを送るには、楽しく運動を続けることが大切。
そのためには、まず毎日使う靴やウェアなどお気に入りのものを揃え、身につけることで、モチベーションを上げる事もおすすめです。


今回はそんなフィットネスアイテムの中でも、要となる「靴」についてご紹介しましょう。


運動療法のためのシューズ選び


はじめに、貴方は日々どのような運動を行っていますか?ウォーキング、ヨガ、ジム通いでしょうか?


また、一言にウォーキングといっても、アスファルトを歩くことが多いのか?草地を歩く事が多いのか?早歩きかスローペースかでもシューズ選びは違ってきます。


今回は、運動別、場所別のシューズ選びのポイントを調べてみました。




シューズ 特色
ウォーキング アスファルト用 MW880G_B2_U
ニューバランスMW880G
着地時の衝撃を吸収。弾力性に富んだクッショニング素材をつかっています。
草地用 SH_5KS22035_LL
ミズノウエーブリバイブ
不整地での歩行に最適。高いグリップ力で前後左右どの方向にもすべらない。
ランニング スローランニング用 ASI_TJG902_6262_S
アシックスGEL SOUNDER MA2
健康維持のため、走ることを習慣化することを目的としたスローペースでのランニング用シューズ。ジェルのクッションで足への負担を最小限に留めます。
室内 ウェートトレーニング ASI_TWR323_9001_S
アシックスレスリングSS
底が薄く、ジムでのトレーニングに最適。屈曲性があり足の動きに柔軟に対応します。
エアロビクス MX467_CH_U
ニューバランスMX467
クッション性能の持続力が高く軽量。激しい運動でも負荷なく快適です。
ヨガ、ピラティス z-Q20973-01アディダスピラティスArticle No. Q20973 軽量でストレッチ性の高く、ヨガのような柔軟な動きを必要とするスポーツに最適です。


糖尿病患者さんのためのシューズ選び


糖尿病を抱える人のシューズ選びのポイントは靴ずれ知らずの靴を選ぶこと。
重度の糖尿病の場合、神経障害によって傷の痛みを感じにくくなるために、傷があることに気付きにくい上に、傷の治りも悪くなるので、小さな傷が命取りとなることも。
糖尿病のコントロールができている方でも極力足の傷は避けたいものです。


そんなリスクを抱える糖尿病患者のシューズ選びは、必ず店頭で試着し、自分の足に合っているかを見極めてから購入すること。
新しい靴の使用は短い時間からはじめ、徐々に足に慣れさせていくことが大切です。


自分に合ったお気に入りのシューズで楽しく運動を


今回ご紹介したシューズは多くのシューズのごく一部です。
今度の休みにでもスポーツ用品店や靴屋にでかけ、お気に入りのシューズを見つけてみてはいかがでしょうか?
きっと貴方にピッタリのシューズに出会えるはずです。


お気に入りのシューズで気分を上げて楽しく運動療法をおこないましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

組み合わせで相乗効果? 緑茶と運動について

日本人に馴染み深く、さまざまな健康効果も期待される緑茶。 今回は緑茶が血糖値に与える影響と、その効果を高める方法をご紹介します。 緑茶を飲むと血糖値が低下する 糖尿病患者さんの治 ...

音楽で自律神経をコントロール? 音楽で運動効果を高めよう

スポーツクラブなどでBGMが流れていると「気持ちよく運動できた」と思うこと、ありませんか? じつは、音楽には運動の効果を高める機能があるといわれています。それは音楽と自律神経の関係に由来しています。 ...

これだけで良いの?運動を毎日の習慣にする7つの方法

運動を習慣づけることは、糖尿病の患者さんにとって、運動療法の継続につながります。 また、糖尿病でない人も、メタボ予防や健康寿命を延ばすために、運動を習慣づけたいものです。 どうしたら無理をせずに運 ...

運動不足によってもたらされる筋肉量低下が糖尿病に及ぼす影響とは?

糖尿病患者さんにとって、運動療法は糖尿病の治療の基本の一つです。 しかし、季節によっては屋外での運動が続けにくいケースがあります。 今回は、運動不足がもたらす体への影響と、自宅でもできる簡単な ...

短い時間でも大丈夫?「高強度インターバルトレーニング」とは

糖尿病患者さんの運動療法といえば、運動強度が中程度の有酸素運動が効果的といわれています。 とはいえ、仕事をしているとなかなか運動する時間が取れないものですよね。しかし最近、短時間でも効果を期待できる ...

脈拍を計測して効果的な運動療法を!~ウェアラブル機器~

ウェアラブル機器をご存知でしょうか。メガネや腕時計のように身につける電子機器で、写真撮影やカロリー計測などができることから人気が集まっています。 現在は一般消費者向けですが、今後は医療用として糖尿病 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP