食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

最適なシューズで楽しく運動!運動・場所に合わせてシューズを選ぼう

糖尿病の3大治療法のひとつ、運動療法。糖尿病管理と運動は切っても切れない関係です。

充実した糖尿病ライフを送るには、楽しく運動を続けることが大切。
そのためには、まず毎日使う靴やウェアなどお気に入りのものを揃え、身につけることで、モチベーションを上げる事もおすすめです。

今回はそんなフィットネスアイテムの中でも、要となる「靴」についてご紹介しましょう。

運動療法のためのシューズ選び

はじめに、貴方は日々どのような運動を行っていますか?ウォーキング、ヨガ、ジム通いでしょうか?

また、一言にウォーキングといっても、アスファルトを歩くことが多いのか?草地を歩く事が多いのか?早歩きかスローペースかでもシューズ選びは違ってきます。

今回は、運動別、場所別のシューズ選びのポイントを調べてみました。

シューズ 特色
ウォーキング アスファルト用 MW880G_B2_U
ニューバランスMW880G
着地時の衝撃を吸収。弾力性に富んだクッショニング素材をつかっています。
草地用 SH_5KS22035_LL
ミズノウエーブリバイブ
不整地での歩行に最適。高いグリップ力で前後左右どの方向にもすべらない。
ランニング スローランニング用 ASI_TJG902_6262_S
アシックスGEL SOUNDER MA2
健康維持のため、走ることを習慣化することを目的としたスローペースでのランニング用シューズ。ジェルのクッションで足への負担を最小限に留めます。
室内 ウェートトレーニング ASI_TWR323_9001_S
アシックスレスリングSS
底が薄く、ジムでのトレーニングに最適。屈曲性があり足の動きに柔軟に対応します。
エアロビクス MX467_CH_U
ニューバランスMX467
クッション性能の持続力が高く軽量。激しい運動でも負荷なく快適です。
ヨガ、ピラティス z-Q20973-01アディダスピラティスArticle No. Q20973 軽量でストレッチ性の高く、ヨガのような柔軟な動きを必要とするスポーツに最適です。

糖尿病患者さんのためのシューズ選び

糖尿病を抱える人のシューズ選びのポイントは靴ずれ知らずの靴を選ぶこと。
重度の糖尿病の場合、神経障害によって傷の痛みを感じにくくなるために、傷があることに気付きにくい上に、傷の治りも悪くなるので、小さな傷が命取りとなることも。
糖尿病のコントロールができている方でも極力足の傷は避けたいものです。

そんなリスクを抱える糖尿病患者のシューズ選びは、必ず店頭で試着し、自分の足に合っているかを見極めてから購入すること。
新しい靴の使用は短い時間からはじめ、徐々に足に慣れさせていくことが大切です。

自分に合ったお気に入りのシューズで楽しく運動を

今回ご紹介したシューズは多くのシューズのごく一部です。
今度の休みにでもスポーツ用品店や靴屋にでかけ、お気に入りのシューズを見つけてみてはいかがでしょうか?
きっと貴方にピッタリのシューズに出会えるはずです。

お気に入りのシューズで気分を上げて楽しく運動療法をおこないましょう。

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変