食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

第3回「糖尿病と診断されたら運動は?散歩からはじめよう!」

こんにちは!鈴木こあら です。
連載3回目、とりあえず次回も掲載されれば三日坊主(3回坊主?)は免れますね(笑)

糖尿病になったら、基本的には食事制限と運動だと言われていますよね。
僕も糖尿病と診断されてから運動を行うようになりました。
今回はどんな運動をしているか紹介してみたいと思います。

毎日歩く事が基本

特に肥満で糖尿病になったのなら、当然ダイエットが必要ですし、ダイエットと言えば食事制限と運動というのが一般的ですよね。
出来れば運動として毎日1時間は歩きたいものです。

しかし、朝から晩まで働いているサラリーマンで毎日1時間を歩くという事は結構至難の技です。
僕も一時期、朝9時から夜9時過ぎまで働いている時期がありました。
そうなると1時間も歩く時間なんて作れないものです。

では、どうすれば良いのか?
答えは効率的な運動となる歩き方をする事です。
それを家と仕事の行き帰りに実践するだけでも全く違います。

効率的な運動となる歩き方

効率的な歩き方って難しいと思われるかもしれませんが、割りと簡単です。
下記に上げる事を意識して歩くだけで良いのですから。

1つ目:歩幅を後3~5cm広げて歩く
2つ目:背筋を伸ばして歩く
3つ目:腹式呼吸で歩く

1つ目ですが、あと3~5cm歩幅を広げるようにして歩くだけで普段使っていない筋肉を使うようになります。
また3~5cm広げる事で歩くスピードも若干あがりカロリー消費が普通に意識しないで歩くよりも若干ですが上がります。
若干と行っても毎日の生活の積み重ねが重要です。

2つ目の「背筋を伸ばして歩く」は姿勢をよくすることで、代謝をよくしてくれます。
背筋を伸ばすことを意識するだけでも、これもまた普段使っていない筋肉を使うようになって、僅かですがカロリーの消費を増やす事に繋がっていきます。

3つ目、腹式呼吸で歩く。
腹式呼吸ってよく解らないと言う方もいるのですが何も難しい事ではありません。
鼻からお腹に息をゆっくり吸い込んで、口からゆっくりと吐く事を意識するだけで構いません。

上記の3つを取り入れるだけでも、食事制限をきちんと行っていれば確実に痩せてきます。
動かない時、例えば通勤時の電車の中や車の中でも3つ目の腹式呼吸を意識する事、立っている時の姿勢をよくしてみると意識するだけでも変わってきます。

ちなみにこれらは妻から教えてもらいました(笑)

妻が昔ダイエットで使った手段でそれなりに痩せたそうですし、何よりも姿勢を良くすると意識する事でスタイルもよくなったとか。

でも、そうは言ってももう少し運動はすべきです。という事で次です。

土日(休日)どちらかは運動をする日にする

週休2日ならその内1日は運動をする日にしましょう!
運動と言ってもランニングとかスポーツジムに通うとか何も特別な事をしなくても構いません。
もちろん、ランニングやスポーツジムに通って効率的に運動をするのは良い事ですが毎週、続きますか?

無理な事は続きません。長く続ける事が何よりも重要です。
まずは長時間歩く事だけでもしてみませんか?

手軽な方法とは休みの日、2~3時間の散歩に出かけるという事です。

散歩だけなんてつまらない!と思うかもしれませんが自分の趣味を兼ねた散歩をすれば良いと言えます。

例えば僕は写真を撮るのが好きです。
カメラ片手に散歩に出るというのも面白いものですよ!
またはいつもデジカメならたまにはフィルムカメラ片手に散歩をするだけでも違います。
親の形見のフィルムカメラ、もう40年も前のカメラを持って撮影するのも面白かったりします。

散歩からはじめよう1

近所の散歩だけでも面白い!子どもの頃を思い出して

まず僕は近所の散歩を行う事にしました。
でも近所の散歩なんてつまらないと思うかもしれませんが、これが以外と面白いのです!

普段の生活で近所を歩くと言っても、自宅から駅の間だけになっていませんか?
それなら散歩は駅と反対方向に歩いてみましょう!

子どもの頃って、無意味に近所の冒険に出ていませんでしたか?
子どもの頃の方が近所の裏道を知っていたな~って、きっとノスタルジックな気分も味わえると思います。

散歩からはじめよう2

ちなみに僕は転勤族だったのですが、自宅と駅(車の場合は会社まで)の間しかまともに知りませんでした。
でも散歩に出る事で、「近所にこんな雑木林があったんだ!」と新しい発見をすることができました。

散歩からはじめよう4

木の根っ子で大きな穴があいていれば、子どもの頃はワクワクして潜って遊んだな~って思い出したり。

散歩からはじめよう3

それにも飽きたら、今度は自転車に乗って少し遠出をするのも良いかもしれません。
自転車と散歩を組み合わせると更に行動範囲が広がってきます。
そして子どもの頃を思い出し、大人になってどう変わったのか考えてみるのも良いのかもしれません。
そして普段の生活をもう1度考えてみると新しい発見があるかもしれませんよ。

飽きない運動を見つけて長く続ける!

このように週に1回は運動の日を作って運動を続けています。
みなさんも楽しみながら運動できる方法を見つけて、一緒に運動をがんばりましょう!

suzukidesuICON_1

作者プロフィール:鈴木こあら

現在糖尿病初心者として、
奥様と二人三脚で生活している人気ブロガー
日本の観光地や絶景の記事が人気。

ブログ:http://suzukidesu23.hateblo.jp/など多数

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner