食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

第10回 ながら運動のススメ!無理をしないながら運動でダイエット!

新年あけましておめでとうございます!今年も何卒よろしくお願いします。

今年は未年という事で可愛い羊の写真でも

IMG_6388

鈴木家は結婚してから毎年初詣は鎌倉の鶴岡八幡宮に行っています。
鶴岡八幡宮の「八」の字は鳩で書かれているって知ってましたか?

IMG_1780

そんなどうでも良い豆知識はさておき、年末年始にいろいろ食べ過ぎて太ってしまった・・・なんて事はありませんか?
僕は・・・・まあ、その、付き合いというものがあって(^_^;)

でも1kg以内の増でおさまっていますが、2kg以上太ってしまった方は要注意ですね。
年始はダイエットを始める人が多いそうですが、やっぱりお正月で食べ過ぎた方が多いからでしょうか。

さて、そんなダイエットを気にする糖尿病の方は多いと思います。
そして何よりも運動不足にならないように運動をしている人も多いと思いますが、普段働いていると運動不足になってしまう事も多いですよね。

そんな運動をする時間が無い方に、今回は「ながら運動」について紹介してみたいと思います。

ながら運動

「ながら運動」とは言葉の通り、何かをしながらする運動です。

会社の通勤途中の電車の中だったり運転中だったり、家でテレビを見ている時だったり、お風呂に入っている時だったり、何かをしながら運動をする事です。

時間が無いと言ってしまうのは簡単な事ですが、糖尿病になったら少しでも何かをしながらでも運動をした方が良いと言えます。

簡単に出来る「ながら運動」をいくつか紹介してみます。

通勤時のながら運動

まず通勤時の歩いている時に出来る「歩きながら運動」の紹介です。

これは非常に簡単です。
以前も書いていますが少しだけ、後3cm・5cmだけ歩幅を広げて歩く工夫をするだけでも消費カロリーは若干変わってきますし、使う筋肉も違ってきます。

通常体重が70kgの人が30分歩くと110kcal~130kcalを消費するとされていますが、あと少しだけ歩幅を広げる事で消費カロリーが2~5kcalくらい変わってきます。

仮に1日3kcalでも月に20日なら60kcalくらいは消費カロリーが増える事になります。細かいですが積み重ねる事で後々これが大きく響いてきます。

もう1つ「歩きながら運動」は呼吸を変える事です。
これも以前書きましたが、腹式呼吸を意識してお腹に力を入れる事で消費カロリーは違ってきます。

両方合わせる事で月に軽く100kcalは違ってきますよ。

他にもつま先だけで歩いてみたり、カバンを持つ腕を伸ばすのでは無く少しだけ曲げて持ってみる等、いろんな工夫が出来ます。

電車に乗りながらでも、つま先立ちをしてみたり、腹式呼吸をしてみたりと工夫次第でいくらでも運動は出来ますよ。

ただし、腹式呼吸で変な息遣いをすると痴漢や変な人に勘違いされてしまう事もあるので、注意して下さいね(笑)

恐らく僕自身はこういう通勤時だけでも意識する事で月に余分に300kcalは余分に消費しています。
たかが300kcalと思うかもしれませんが、何もしなければ300kcalは減っていきません。

テレビを見ながら運動

テレビをしながら運動は、カロリーを使うというよりもストレッチをする事を意識しています。

ストレッチと言ってもただ、疲れない程度に筋を伸ばす程度です。それでも1時間ドラマの半分の時間行えれば全然違ってきますよ!

ストレッチって難しそう・・・と思う人はテレビを見ている時に数回、1度に1分程度で良いので絵文字の万歳のポーズをしてみて下さい。
これです。\(^o^)/

これを10回繰り返すだけでも違います。
最初は1分を3回繰り返すだけでも腕が疲れてきます。
テレビを見ながらだとテレビに集中出来ないというのならCMの間だけでも構いません。
1時間ドラマならCMは4回あり、1回のCMが90秒から120秒なので6分間は出来ます。
また絵文字の通り、口を大きく開けて行うとより効果的です。顎の運動にもなります。

大したカロリー消費にはなりませんが、なによりも積み重ねて運動の習慣を作る事に意味があります。

お風呂に入りながら運動

糖尿病でも運動をする時間が無いのならせめて長めにお風呂に入る事を心がけましょうと以前書きましたが、お風呂に入っている間にも運動は出来ます。

簡単な運動で言えばストレッチもありますが、お腹を膨らましたり凹ましたりするだけでも違ってきます。
1分間だけでも良いので毎日行えば腹筋を鍛えていけます。

ながら運動でも継続する事が重要

ながら運動でも継続していく事が何よりも重要です。
仕事に響かない程度に毎日何か運動を心がける、それだけでも日々の積み重ねで変わってきます。
もちろん3日とか1週間では何も効果は出てきません。でも1ヶ月3ヶ月半年と積み重ねていく事で効果が出てきます。

無理をしない「ながら運動」是非、試してみて下さいね!

suzukidesuICON_1

作者プロフィール:鈴木こあら

現在糖尿病初心者として、
奥様と二人三脚で生活している人気ブロガー
日本の観光地や絶景の記事が人気。

ブログ:http://suzukidesu23.hateblo.jp/など多数

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner