食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

第22回 入学式・入社式の想い出、糖尿病になって気づく若かりし頃

この時期になるとついつい昔の事を思い出してしまいませんか?
入学式や入社式の事。年をとってきた証拠かな・・・・

入学式・入社式の想い出

僕は愛知県出身なので、大体入学式の季節は桜が満開の時期に重なっていた事が多く、入学式=桜 というイメージです。

IMG_4850

中学校も高校の入学式でも新しい学生服に身を包み、期待と不安を抱いて参加したのを覚えています。いや、不安の方が大きかったかな。

いろいろと想い出がある中で一番の印象は大学の入学式。

東京の大学に進学して入学式は武道館で行われたので九段下の改札から向かってきました。その日は雨。桜が雨で散っていたのをすごく覚えています。

入学式会場では、いろいろな服装の新入生がいる訳ですが、その中に上下金色の姿をした女性が。下は金色のホットパンツ。上は金色のジャケット。

さすが東京、こんな派手な服装をした人もいるんだな~って思ったものです。顔は少し離れていたため、よく見えず覚えていませんでした。

でも、冷静に周りを見てみるとそこまで派手な服装はその女性1人だけでしたが(笑)

入学して3日後くらいかな、目当てのサークルの説明会に行った時の事。僕の他に男性と女性がいて3人で説明を聞きました。

説明会が終わって、3人とも地方出身という事もあり友人はまだほぼ出来ていない状態だったため、3人で軽くファーストフードのお店へ。そこで、僕が入学式で見た上下金色の服を来た女性の話をしたら、一緒にいたその女性が

「あ、それ私!」

と言うではありませんか?後日、その女性がその上下金色の服を来て本当に本人だったんだ~と思った次第です。彼女とは同じサークルに入り、その後は時折話す友人になりました。

今はどうしているんだろうな~。

こういう偶然があるって面白いと思いませんか?

と糖尿病に全然関係ない話を書きましたが、そんな想い出が作れるかもしれない入学式を今年経験する人、またお子さんが入学式に参加される親御さんへ。

若い頃から糖尿病にならないためにも気をつけて欲しい事を書いてみます。

めっちゃ前振りが長い(^_^;)

若い頃から太っていたら要注意

当たり前の事ですが、後天的な糖尿病である2型糖尿病は遺伝的に起こる場合もありますが多くは生活習慣によって起こる病気です。飲み過ぎ・食べ過ぎ・運動不足が主な原因となっている事が多い病気です。そして、やはり太っている人がなり易い病気です。

若い頃から太っていて、大学生くらいになって痩せても既に太りやすい体質が染み付いているため、30代40代になって少し油断をすればまた太りだします。

僕がそうでした。大学に入るまでは肥満でしたが、大学3~4年生になる頃には普通の体型に。大学に入った時は93kgあった体重が卒業する時には63kgになっていましたから。身長は170cmほどです。

男性で身長170cm、体重63kgなら普通くらいですよね。

それが30代後半からまた太りだし、あれよあれよという間に元の体重に。もちろん、仕事が現場からデスクワーク中心になったという事もありますが、元々太っていただけに太る素養があったと言えます。

若い時に痩せたからといって油断は禁物です。その体型を維持するために、きちんと運動をして食事も気をつけて下さい。

若い時からの取り組みが糖尿病を防ぐ

小学校に入学するお子さんがいる親御さんへ。もしお子さんが肥満気味であれば今のうちから気をつけるようにしてあげて下さい。

幼いから良いと思っていても、大人になってから油断をすればまた太ります。

中学生や高校生のお子さんがいる親御さんへ。もしお子さんが肥満気味であればダイエットにつきあってあげて下さい。

この時にきちんと動く癖をつけておけば、大人になっても運動するようになりますが、この時に動く癖・運動をする癖をつけておかないと社会人になっても動くことはないでしょう。

高校を卒業して進学や社会人になる方へ。もし肥満気味ならこれが最後のチャンスです。きちんと運動する習慣をつけて下さい。そして正しい食生活をする癖もつけて下さい。

きっと30代40代になって若いうちにきちんと習慣をつけておいて良かったと思いますから。実際に40を過ぎて習慣が身についておらず、後悔している僕の経験からです(苦笑)

今が始めるのに一番良い時期

春というのは何事も始めるのにもっとも適した時期です。それに一番やる気が出ている時期でしょう。この時期を逃すと1年間、結局何もしないまま終わってしまったという事もよく聞く話です。

是非、若いうちから、いや若くなくても今日から糖尿病にならないためにもいろいろとチャレンジしてみて下さいね。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner