食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

第36回 糖尿病でも登山やトレッキング、そして温泉を楽しもう!

そろそろ夏山の季節!登山やトレッキングを楽しむ方も多いと思います。

僕も4~5年前までは、夏は登山を楽しんでいました。苦しいけど、山頂に立ったときの爽快感や達成感は、本当に充実した最高の時間です。

でも、糖尿病で登山やトレッキングってどうなの?という方もいらっしゃると思います。そんな方に向けて、今回は糖尿病と登山について書いてみます。

IMG_9686

軽度の糖尿病(2型糖尿病)ならチャレンジしてみよう!

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があります。

1型糖尿病になってしまうと、登山やトレッキングは確かに危険です。1型糖尿病患者さんは、インスリン等の薬を処方されていると思いますが、その処方量は普段の運動量に合わせて出されるのが一般的です。

運動量の多い登山やトレッキングをおこなうと、処方されている薬の量に対して、エネルギーを多く消費してしまい、低血糖を引き起こすという可能性も。

1型糖尿病患者さんで、登山やトレッキングをおこないたい場合は、必ず主治医に相談してください。

2型糖尿病ならどうか?と言えば、普段から薬(主にインスリン)を必要としない方で、運動療法や食事療法のみで対応している方なら、自分の体力や技術に応じて登山をする分には問題ないと言えます。

トレッキングなら、技術がなくてもあまり気にしなくても良いので、ぜひチャレンジしてみてください。

温泉と登山

そもそも僕が登山を始めた理由は、温泉に入りたかったから。

どういうことかと言えば、歩いてしか行けない場所にある温泉に入りたかったからです。

歩いてしか行けない温泉は、わりと全国各地にあります。そのほとんどが、温泉が湧いているところに建てられた山小屋で、そういう特別な温泉に行きたくて、登山を始めました。

中には山小屋ではなく、自然に温泉が湧き出ている沢の温泉に入ったりもしていましたが(笑)。

おすすめ!“トレッキング×温泉”のコース

登山の経験がない初心者でも、比較的簡単に行けるトレッキングと温泉が両方楽しめるスポットをご紹介します。

本沢温泉(長野県)

長野県は八ヶ岳にある温泉です。標高2150メートルにある露天風呂は、日本で最も高い場所にある露天風呂となっています。首都圏からのアクセスも比較的良い場所です。

IMG_1507

そんな標高が高い場所なら、登山は大変なのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

IMG_8935

片道90分くらいのトレッキングコースとなっています。

木々の合間から時折見える八ヶ岳の山並みを楽しみながら登ることができます。

駐車場から最初の30分くらいは少々大変ですが、残りの60分は、ほぼ平坦な道となっており、自然の中を気持ち良く歩くことができますよ。

くろがね温泉 くろがね小屋(福島県)

日本百名山でもある安達太良山の中腹にある山小屋です。

kuroganez850015

慣れた方なら90分くらいで到着できます。初級者向きの登山コースとなっており、きれいな山並みを見ながら歩ける、おすすめのコースです。

kuroganez850011

ゆっくり歩いても、恐らく2時間はかからないと思います。

kuroganez850009

ここの山小屋は内湯しかありませんが、岳温泉・奥岳温泉の源泉でもある白濁したさっぱりとした湯は、登山の疲れを癒やしてくれます。

kuroganekoya

ここまで来て、体力もまだまだ残っている!と思ったら、そのまま安達太良山の山頂を目指すのも良いでしょう。

kuroganeeos006

普段は見られない山頂からの風景に感動すること間違いなし!

福島県は遠いな……と思われるかもしれませんが、渋滞に捕まらなければ、東北道に入ってから3時間くらいで到着します。

山へ出かけてみよう!

糖尿病患者さんの登山やトレッキングは、ゆっくりと楽しみながら登るのが体にも良いと言われています。激しく速く登ろうとすると無酸素運動になってしまいますが、ゆっくりと景色を楽しみながらの登山は、有酸素運動として糖尿病にも効果的です。

ただし、夏場は脱水症状になりやすいので、必ず十分な水分を持っていくようにしてくださいね。また、急激な運動で低血糖になってしまい動けなくなる可能性もゼロではありません。念のために、市販のジュース(ブドウ糖が含まれるもの)も持って行くのが良いですよ。

今年の夏は、登山やトレッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

suzukidesuICON_1

作者プロフィール:鈴木こあら

現在糖尿病初心者として、
奥様と二人三脚で生活している人気ブロガー
日本の観光地や絶景の記事が人気。

ブログ:http://suzukidesu23.hateblo.jp/など多数

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner