食事で予防

糖尿病の食事療法にも!お酢のパワーで疲れ知らず

「お酢は健康に良い」ということは、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
私たちの食卓におなじみのお酢には、たくさんの健康パワーが秘められています。

ここでは、お酢の健康パワーと、誰でも簡単にできるお酢レシピをご紹介します。


お酢の種類と、栄養成分

お酢は、原料や製造方法によってさまざまな種類があります。それぞれ風味や味わい、酸味が異なるので、料理や好みに合わせて選びましょう。


◆お酢の種類

  • 米酢 米
  • 玄米酢 玄米
  • もろみ酢 タイ米、黒麹菌
  • 穀物酢 小麦などの穀物、酒かす
  • リンゴ酢 リンゴ果汁
  • ワインビネガー ぶどう果汁
  • 梅酢 梅(しそ)、塩、 など

どのお酢にも共通して言えることは、酸味のもとである酢酸や(体内で「クエン酸」に変化)、体を作るのに欠かせないアミノ酸が豊富に含まれていること。
これらの栄養成分によって次のような健康効果が期待できるのです。


お酢で健康!スゴイお酢のパワー


1.コレステロール値や中性脂肪値を下げる

高脂血症や動脈硬化の原因で、糖尿病にも悪影響を及ぼすコレステロールや中性脂肪の値を下げる働きがあります。


2.血糖値の上昇を抑える

食前にお酢を飲んだり、お酢を使った料理を食べると血糖値の上昇が抑えられることが分かっています。


3.便秘を改善する

お酢が胃や腸を活発化させ、ぜん動運動を促し、便秘を改善する働きがあります。
また、腸内環境を整える働きもあると言われています。


4.疲労を回復する

酢酸が体内でクエン酸に変化して代謝を促し、疲労物質である乳酸を分解してくれるため、疲れを早く回復させる効果があります。


5.ミネラルの吸収を助ける

クエン酸の働きによって、カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルの吸収が高まります。


健康効果の他にも、お酢には優れた殺菌効果があるため、食べ物を腐りにくくしたり、掃除などにも用いられ、私たちの生活には欠かせないものとなっています。


お酢を摂ろう!お酢料理&お酢ドリンクのレシピ

サラダや酢のもの、肉料理など、お酢を使ったおいしい料理は数多くあります。
また毎日取り入れやすいお酢ドリンクもおすすめです。ただしお酢は酸が強いため、飲む場合は濃さによって胃に負担をかけてしまうことがあります。
レシピサイトなどを参考にしながら、希釈度合いに注意して作りましょう。


◎糖質オフ タコ酢

タコ

材料 (4人)

  • タコ 適量
  • キュウリ 2本
  • ワカメ 適量
  • 酢 大さじ4
  • ラカント(顆粒) 大さじ2
  • 醤油 大さじ1


  • ※詳しい作り方は、以下URL(クックパッド)をご参照ください。
     http://cookpad.com/recipe/2116225


    ◎丸ごと玉ねぎの鰹ポン酢和え

    img_sidedish23_popup

    材料(2人分)

    • 玉ねぎ 2個(400g)
    • 花かつお 適量
    • ポン酢 20cc


    ※詳しい作り方は、以下URL(サンスター「糖尿病とうまくつきあう」)をご参照ください。
     https://jp.diabetes.sunstar.com/food/recipe/sidedish/sidedish23.html


    ◎ゆずのホットサワードリンク

    ゆず

    材料 (8人前)

    • 柚子 100g
    • はちみつ 200g
    • 穀物酢 200ml


    ※詳しい作り方は、以下URL(ミツカングループ)をご参照ください。
    http://www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/recipe/index.asp?id=1130&uiaid=1130


    食事療法にも、お酢を積極的に取り入れよう

    これまで紹介してきたように、お酢の健康効果は実にさまざま。糖尿病患者さんにも、糖尿病の予防にもおすすめの食材です。

    酸味が強く、爽やかな味わいのお酢は、塩分を足さずに味のメリハリをつけられるのも◎。
    いろいろな料理に使ったり、ドリンクとして飲んだり、日々の食事にうまくお酢を取り入れてくださいね。
    ただ、おいしいお酢ドリンクには砂糖などがたくさん入っていることもあるので、飲む量には注意しましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

生活習慣病の予防と改善に効果的! スローカロリーとは?

飽食の時代の中で「何をどう食べるのか」は非常に重要な問題です。 ともすれば生活習慣病を招いてしまうようなカロリーオーバーの食事を控えるにはどうすれば良いのでしょうか。 ひとつの提案として、 ...

おやつの定番!糖尿病患者さんとポテトチップスの付き合い方

子どもから大人まで、不動の人気を誇るポテトチップス。 糖尿病の食事療法を始めたけど、おやつのポテトチップスは、なかなかやめられないという方もいるのではないでしょうか。 野菜のなかでも糖質の高い ...

糖質制限中でもパンを楽しめる!ブランのおいしい秘密とは?

「パンは糖質が高い」と、糖尿病の食事療法をされている方の中には、大好きなパンを我慢している方も多いのではないでしょうか。 そんな糖尿病患者さんにおすすめしたいのが「ブラン(ふすま)」です。 そ ...

「朝食を摂ると良い」には根拠がある。朝食で良好な血糖コントロール

朝食を食べる習慣がありますか? 厚生労働省による平成25年国民健康・栄養調査によると、朝食の欠食率は男性14.4%、女性9.8%で、ここ10年ほど横ばいとなっています。 生活リズムが夜型になり ...

驚きのリスクが判明!エナジードリンクの飲み過ぎに注意!

コンビニなどで手軽に購入でき、リフレッシュできるとして若者を中心に人気のエナジードリンク。 しかし、最近の研究によると、エナジードリンクの飲み過ぎによって糖尿病を招く可能性があることがわかりました。 ...

脂肪の少ない赤身肉で糖尿病リスクが上昇?

日頃から肉の脂肪を気にして赤身のヒレ肉やもも肉を選ぶ方も多いのではないでしょうか。 近年、脂肪がすくない赤身肉で糖尿病のリスクが上昇するという驚きの研究結果が発表されました。 今回は、赤身肉と ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP