食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

話題沸騰!にんたまジャムその驚くべき効果とは?

4月23日のあさチャン!で紹介されてから、人気急上昇中の「にんたまジャム」。”にん”はにんにく、”たま”はたまねぎ。2つの食材レンジで加熱し、ミキサーにかけて出来上がるのが「にんたまジャム」です。

にんたまジャムの健康効果

にんたまジャムの考案者は料理研究家の村上祥子さん。以前話題になった「たまねぎ氷」の考案者でもいらっしゃいます。

村上祥子さんの「1日2さじ にんたまジャム健康レシピ186」によりますと、
にんたまジャムには次のような効果があるそうです。

・免疫力を上げてがんを予防
・高血圧と血糖値の改善
・体力増強、疲労回復
・冷えの解消、むくみ解消、ダイエット
・アンチエイジング、美肌効果

いかがですか?怖い病気の予防だけでなく、美容効果などは女性にとっても嬉しいものなのではないでしょうか。

にんたまジャムの作り方

作り方もとっても簡単。3ステップ。
1.たまねぎの皮をむいて電子レンジ600Wで14分加熱
2.ミキサーに移して砂糖・レモン汁を加えなめらかになるまでまわす。
3.その後さらに電子レンジ600Wで8分加熱

これだけです。

密封容器に入れれば3~4日。冷蔵だと1ヶ月、冷凍だと約2か月も保存できるそうなので、作り置きをしてもいいですね。ちなみに、たまねぎとにんにくの独特の香りは抑えられるようです。

いつもの料理に、にんたまジャムを

にんたまジャムを作ったら早速毎日のレシピに活用しましょう。
にんたまジャムはドリンクに入れたり、ドレッシングに混ぜたり普段のお肉・お魚料理とも相性ばっちり。
いつもの料理に一さじ追加してみましょう。たまねぎのコクが追加されてより一層おいしくできますよ。

一日の摂取目安は1日2さじ。たったこれだけで健康と美容に効果のあるにんたまジャム。ぜひ試してみてくださいね。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

BannerBanner
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner