生活習慣病の予防と改善に効果的! スローカロリーとは?

スローカロリーって何?

スローカロリーとは糖質の消化吸収がゆっくりになるような食事の選び方、取り方を指します。消化吸収がスローな糖質を摂取することで、急激な血糖上昇を抑え、脂肪を蓄積しにくくしようというものです。

実は糖質は、同じ糖質量であっても、小腸上部で早く吸収されるものと、小腸下部まで届きゆっくり吸収されものがあります。吸収されやすいかどうかは、グリセミック指数(GI)によって表されるので、糖尿病患者さんにとってはわかりやすいかもしれません。

この、糖質をゆっくりと吸収する食生活は、食事の満足感や満腹感を得やすく、血糖値が急激に上下しないためにいわゆる「腹持ち」も良くなります。そのため、結果的に日々の摂取エネルギー量を抑えることができ、肥満やそれに伴う生活習慣病の予防に繋がるのです。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変