食事で予防

高血圧予防!糖尿病の合併症を防ぐ!減塩食品を活用しよう

糖尿病の治療において、食事療法は基本中の基本。
食事療法で気を付けるべきポイントは、次のようにいくつかあります。


1.1日の指示エネルギー(摂取カロリー)を守る
2.栄養バランスよく食べる
3.食塩を減らす
4.コレステロール、飽和脂肪酸を含む食品を控えめにする
5.食物繊維を多めに摂る
参考:食品交換表


ここでは3の「食塩を減らす」ことに注目し、食塩の摂り過ぎはなぜいけないのか、また減塩食品について紹介していきたいと思います。


食塩は、高血圧に悪影響。高血圧は、糖尿病の合併症に悪影響

食塩は本来、体に欠かせないミネラルの一つです。
しかし、食塩は高血圧を促してしまい、心臓や血管に負担をかけるので、糖尿病患者さん以外にも「塩分を控えめにした方が良い」ということはよく聞くと思います。

では、なぜ食塩の摂り過ぎが高血圧につながるのでしょうか。


実は、「食塩と高血圧に悪影響を及ぼす」ということは研究結果から出ているものの、そのメカニズムは十分な解明がされていません。
一つの理由としては、私たちの体は食塩を摂り過ぎた際に塩分濃度を一定に保つべく、水分を多く摂取し(塩辛いものを食べると喉が渇くのはこのため)体液(血液)が増えるため、血管が押し広がり、血圧が上がってしまうことが考えられます。


またもう一つの理由として、食塩中の主な成分であるナトリウムは、交感神経を活発にさせる働きがあり、血管を収縮させます。
狭くなった血管に圧がかかることによって高血圧になるということもあります。
そして、高血圧は糖尿病の三大合併症でもある糖尿病腎症や、網膜症、動脈硬化などの進行にも悪影響を与えてしまいます。


1日の食塩摂取量目安は、男性9g未満、女性7.5g未満(ただし、糖尿病腎症、高血圧の場合は6g未満)。
特に日本人の食事は、食生活が乱れていなくても摂取過多になりやすいので、普段からできる限り減塩に努めることが大切です。


減塩食品って?栄養表示基準は?「ナトリウム」の量をチェック

食塩を減らす方法は、調理法や味付けなどさまざまありますが、ここでは「減塩食品」について注目してみます。
「減塩食品」は文字通り、食塩が少ない食品のことをいい、普段の食事にもうまく取り入れていきたい食品です。
栄養表示基準では、「減塩」と表記ができるものは、以下のようになっています。


絶対表示・・食品100g中にナトリウムの含有量が120mg以下の場合
相対表示・・他の食品と比較して食品100g中のナトリウムを120mg以上減らした場合


つまり「相対表示」の場合には、同じメーカーが出している同様の商品と比較した場合の「減塩」ということになり、含まれている食塩が必ずしも絶対的に少ないということを意味しません。
食品パッケージの栄養成分表示の「ナトリウム」の量をチェックして買うようにしましょう。


日本高血圧学会が発表している、「減塩食品」のリストもあるので参考にしてください。
https://www.jpnsh.jp/data/salt_foodlist.pdf


「ナトリウム」と「食塩相当量」

食塩は、ナトリウムと塩素が結合してできたもの。
栄養表示では「ナトリウム」の量が表記されていることも多くありますが、ナトリウム量では実際にどれくらい食塩が入っているのかピンとこないと思います。
ナトリウム量から食塩相当量を換算できるので、次のような式を覚えておくと便利です。


ナトリウムから食塩量への換算式

ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

ナトリウム2,000mgの場合は、2,000×2.54÷1,000=5.08 で、約5gの食塩が含まれていることになります。


「減塩食品」と味付けの工夫で食塩を減らそう

日々の食事において、食塩の1日の摂取目安量をきちんと把握し、減塩に努めることが高血圧などの生活習慣病予防につながっていきます。
「減塩食品」を利用したり、味付けを工夫して(だしを濃くする、薬味やスパイスを使う、など)、物足りなさを感じずに、上手に減塩をしていきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

生活習慣病の予防と改善に効果的! スローカロリーとは?

飽食の時代の中で「何をどう食べるのか」は非常に重要な問題です。 ともすれば生活習慣病を招いてしまうようなカロリーオーバーの食事を控えるにはどうすれば良いのでしょうか。 ひとつの提案として、 ...

おやつの定番!糖尿病患者さんとポテトチップスの付き合い方

子どもから大人まで、不動の人気を誇るポテトチップス。 糖尿病の食事療法を始めたけど、おやつのポテトチップスは、なかなかやめられないという方もいるのではないでしょうか。 野菜のなかでも糖質の高い ...

糖質制限中でもパンを楽しめる!ブランのおいしい秘密とは?

「パンは糖質が高い」と、糖尿病の食事療法をされている方の中には、大好きなパンを我慢している方も多いのではないでしょうか。 そんな糖尿病患者さんにおすすめしたいのが「ブラン(ふすま)」です。 そ ...

「朝食を摂ると良い」には根拠がある。朝食で良好な血糖コントロール

朝食を食べる習慣がありますか? 厚生労働省による平成25年国民健康・栄養調査によると、朝食の欠食率は男性14.4%、女性9.8%で、ここ10年ほど横ばいとなっています。 生活リズムが夜型になり ...

驚きのリスクが判明!エナジードリンクの飲み過ぎに注意!

コンビニなどで手軽に購入でき、リフレッシュできるとして若者を中心に人気のエナジードリンク。 しかし、最近の研究によると、エナジードリンクの飲み過ぎによって糖尿病を招く可能性があることがわかりました。 ...

脂肪の少ない赤身肉で糖尿病リスクが上昇?

日頃から肉の脂肪を気にして赤身のヒレ肉やもも肉を選ぶ方も多いのではないでしょうか。 近年、脂肪がすくない赤身肉で糖尿病のリスクが上昇するという驚きの研究結果が発表されました。 今回は、赤身肉と ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP