食事で予防

血糖値を下げる!?糖尿病にも効く「80℃生姜」がスゴイ

pr00076

まだまだ厳しい寒さが続くこの季節。体を温める食べ物や飲み物は風邪予防にも重宝しますよね。
特に女性は冷え性の方も多いので気になる話題ではないでしょうか?

中でも生姜は体を温める食材として有名ですが、その効果が何倍にもなる新しい使い方があるそうです。その名も80℃生姜。(別名:蒸し生姜)
この80℃生姜、身体を温めることはもちろん、血糖値を下げて糖尿病の改善や予防につながるだけではなく、血液をサラサラにしたり、生理痛や花粉症の改善にもつながるというのです!

ここまで聞くと、簡単に摂取できるならやってみたい、と思う方も多いのではないでしょうか?
今回はその80℃生姜の正体と簡単な作り方を紹介していきます。


「80℃生姜」の正体とその効果

一体80℃生姜って何?と思われる人もいるかと思いますが、特別なものではなく、生姜を80℃に設定したオーブンで蒸し、その後乾燥させたものといういたってシンプルなものなんです。

そして何といってもスゴイのがその効果!
80℃生姜は水分の摂りすぎで体温が下がり、代謝が滞っている状態を改善してくれます。
その結果、血圧や血糖値の上昇を抑える働きをしてくれるそうです。
中には2週間で血糖値が100以上も下がった人や、薬を飲んでも治らなかった高血圧が正常値に落ち着いた人もいるのだそう。
これは糖尿病の人にとっては朗報ですよね。

それだけではない80℃生姜の効果を挙げてみましょう。


高血圧の防止 / 肥満の解消 / ガンの予防 / うつ病対策 / ドロドロ血液がサラサラに / コレステロール軽減/脳梗塞 / 心筋梗塞の予防 / 腹痛、下痢の改善


こうして見るとまさに万能!という感じがしてきますね。
(出典:http://woman.mynavi.jp/article/130910-061/

どうして生の生姜よりも効果があるの?

80℃生姜が生の生姜よりも効果が期待できる理由を説明しましょう。
それは加熱・乾燥の過程を経ることで、生姜の成分である「ジンゲロール」が「ショウガオール」に変化するからなんです。
ちなみに、なぜ80℃なのかというと、ジンゲロールがショウガオールに変わるのは80℃~100℃で、100℃以上になると効果や効能が落ちてしまうからなんだそうです。
(出典:http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0116.html


『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム刊)の著者で、内科医の石原新菜先生によると、「ジンゲロール」が血管を拡張して血流を促進し、身体をあたためる作用があるのに対して、「ショウガオール」は体内の脂肪や糖質の燃焼を促進させるほどまでに、身体をあたためる力がより強まっているということです。


ショウガオールは、体内の活性酸素を除去する抗酸化力が非常に高いため、冬の乾燥対策にもうってつけ。
今の時期から摂取しはじめることで、夏に紫外線やクーラーによるダメージを受ける肌を回復させるのにも効果を発揮しそうですね。
(参照:http://www.sunsorit.co.jp/Shop/Study/vol2.shtml


とっても簡単!80℃生姜の作り方と保存方法

こういった健康に関する食品や飲料は、続けられない、お金がかかるので難しいという人もいるかもしれません。
しかし、80℃生姜は作り方も保存方法もとっても簡単!生姜しか使わないのでとっても経済的です。
ではその作り方を紹介しましょう。


80℃生姜の簡単な作り方

1.ショウガの汚れを取り、皮ごと1mm程度の厚さにスライスする
2.80℃に設定したオーブンで1時間加熱する
3.ザルなどに置き、天日干しで乾燥させる


どうでしょう?3ステップで済んでしまうほどの簡単さです。

「うちのレンジはオーブン機能がついてないんだよなぁ…」という一人暮らしの方の声も聞こえてきそうなので、オーブンを使わない作り方も紹介します。

1. フライパンに2~3センチの水を入れる
2. フライパンに耐熱皿を置き、角をカットして丸くしたクッキングペーパーを敷く
3. クッキングペーパーの上に、スライスしたショウガを置く
4. フライパンに蓋をして、中火で湯気が出るまで30分ほど蒸す
5.ザルなどに置き、天日干しで乾燥させる

また80℃生姜は常温で3ヶ月保存できるので、まとめて作っておくと便利ですよ。


80℃生姜を使ったレシピを紹介

作った80℃生姜は持ち歩きもできるので、粉末状にして紅茶に入れたり、食事にかけたりとこちらも簡単!ここでは一例ですが、レシピをご紹介しましょう。


温熱ウルトラドライジンジャーで生姜ココア

シナモン白湯

【材料】
・ココア大さじ1
・乾燥生姜パウダー一つまみ
・お湯200cc

(出典:cookpad


※画像はイメージです


蒸し生姜と塩麹の卵かけ飯

卵かけごはん

【材料】
・卵     1個
・ほんだし  小1/2
・塩麹    症1弱
・蒸し生姜  一つまみ
・ごはん   一膳

(出典:楽天レシピ)

※画像はイメージです


色々な健康効果があって、簡単で経済的な80℃生姜。
「健康食品は続かないんだよなぁ…」と思ってる人はこれを機に始めてみてはいかがでしょうか?
もちろん生の生姜も効果があるものなので、用途によって使い分けてみるといいかもしれません。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

生活習慣病の予防と改善に効果的! スローカロリーとは?

飽食の時代の中で「何をどう食べるのか」は非常に重要な問題です。 ともすれば生活習慣病を招いてしまうようなカロリーオーバーの食事を控えるにはどうすれば良いのでしょうか。 ひとつの提案として、 ...

おやつの定番!糖尿病患者さんとポテトチップスの付き合い方

子どもから大人まで、不動の人気を誇るポテトチップス。 糖尿病の食事療法を始めたけど、おやつのポテトチップスは、なかなかやめられないという方もいるのではないでしょうか。 野菜のなかでも糖質の高い ...

糖質制限中でもパンを楽しめる!ブランのおいしい秘密とは?

「パンは糖質が高い」と、糖尿病の食事療法をされている方の中には、大好きなパンを我慢している方も多いのではないでしょうか。 そんな糖尿病患者さんにおすすめしたいのが「ブラン(ふすま)」です。 そ ...

「朝食を摂ると良い」には根拠がある。朝食で良好な血糖コントロール

朝食を食べる習慣がありますか? 厚生労働省による平成25年国民健康・栄養調査によると、朝食の欠食率は男性14.4%、女性9.8%で、ここ10年ほど横ばいとなっています。 生活リズムが夜型になり ...

驚きのリスクが判明!エナジードリンクの飲み過ぎに注意!

コンビニなどで手軽に購入でき、リフレッシュできるとして若者を中心に人気のエナジードリンク。 しかし、最近の研究によると、エナジードリンクの飲み過ぎによって糖尿病を招く可能性があることがわかりました。 ...

脂肪の少ない赤身肉で糖尿病リスクが上昇?

日頃から肉の脂肪を気にして赤身のヒレ肉やもも肉を選ぶ方も多いのではないでしょうか。 近年、脂肪がすくない赤身肉で糖尿病のリスクが上昇するという驚きの研究結果が発表されました。 今回は、赤身肉と ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP